二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

アナタとは合わないの

   

 

こんなサドルがある。

41Qo88kCLwL

 

男の中の男が選ぶ、フルカーボンサドル。
カッチカチですわ、カッチカチ。

 

ご存知のように、ロードバイクのサドルにはママチャリのサドルのようなふかふかスポンジもバネも付いてない。
サドルレールのしなりは有れども、だからとそれに衝撃吸収性を求めるのは酷な話。
サドルレールにそんな事求められても困っちゃう。

 

じゃぁこんなカッチカチのサドルで尻は痛く無いのかと言えば、そりゃ勿論尻は痛い。
尻は痛いさ。
ダイレクトにプラスチックだものね。

もっとも、一般的なロードバイク用のサドルが痛く無いかと言えば残念ながらそんな訳は無く、結局の所は何を付けようと痛い事に違いは無いんだけどね。
2mmくらいのスポンジが入ってようが、大して変わらんっちゃ大して変わらない。

 

じゃぁ、ロード乗ってる人はみんな尻が痛いのを辛抱しながら走ってる変態なのか?
って言えば必ずしもそうでは無い。
一部に尻の皮が剥けて喜ぶハードロックな人も居るかも知れないけど、多くの場合はそうでは無い。
解決策は一応存在するので心配は無用。
意外と変態なんて少ないもんだよ。

 

 

 

解決策は3つ。

●ポジションとフォーム

●慣れ

●パンツ

概ねこの3つ。

 

一つ目のポジションとは、正しいサドルへの接し方。

自転車はポジションとフォームこそが生命線なので、ロードに乗るならその辺の基本を知っておく必要がある。
クランクの長さからサドルの高さから、サドルのポジションや角度や骨盤の傾きから....
長年の自転車の歴史に基づいて導き出された基本って奴があるので、そのまんま従うか否かはともかく知っておく必要は有る。
詳しくは自転車雑誌をご覧どうぞ。
毎月のように、何処かの雑誌には同じような話が書かれてるのでそちらをご覧頂きたいなと。

 

二つの目の慣れは、文字通り慣れたらそんなに痛く成らないよって事。

何でもかんでも慣れたら次第に鈍感になるもんだ。
何でもかんでもね。
フフフ。

 

三つ目のパンツとは、まぁまぁ良いパンツに付いてるパッドは中々に良く出来てるので、長時間乗っても余り痛く無いもんだよって事。

71+w1YXTbiL._UL1500_

https://www.amazon.co.jp/Arti-Cipes-レーサーパンツ-サイクルパンツ-サイクリングウエア/dp/B078K41HL7/ref=pd_sbs_193_1?_encoding=UTF8&refRID=7SJS3YAWG8GEV410EVQA

 

こんな具合にサイクル用レーサーパンツやインナーパンツには裏側にパッドが仕込まれてるので、カッチカチのサドルでも尻への攻撃性はかなり改善される。
ただ、パッドの性能の良し悪しや自分に合う合わないも有るので、コレが中々難しい。
100km程度ならまだしも、300km越え~すっごい距離走る人は、このパッド問題に尻を悩ませてる事だろう。
尻を抱えて日々悩んでる事だろうと思う。
何がベストかは、これが中々難しい。

 

●ポジション

●慣れ

●パンツ

この全てをクリアすれば尻の痛みはそれなりには軽減される。
尻が痛い人は、このいずれかが欠如してると思う。

つまり、良いパンツ履いてるけどポジションが悪いとか、ポジションは良いけれどパンツが悪いとか、パンツもポジションも良いけど尻の皮がまだ世間の荒波に耐えれるレベルじゃ無いとか。
まぁそんな具合だね。

あ、300km越えたら結局は何をどうしようと痛いと思う。
人の尻はそんなに丈夫に成らないのだから。

 

 

尻が痛いのはロードバイクだけでは無い。
オートバイだって、時に尻がすっごい痛いのが存在する。

一つが昔のレプリカのような、シートがまな板だった時代のバイク。
今時のSSのシートは薄くても痛く無い、本当に良く出来ているシートなのだけれど、NSRやRGVγの時代のレプリカは本当に尻が痛かった。
そもそもシートにどっしり腰掛けて乗るバイクじゃ無いからね。

まぁ、アノ手のバイクで痛いのは尻だけでなく、手首も腰も首も腹筋も背筋も痛かったんだけど。
運動不足の人間にはあっちこちが痛かった。

 

そしてもう一つがトレールバイク。
ってか、セローのシート。
この三角木馬シートも、中々に痛い。
かなりスポンジ量が多いシートなのだけど、シート幅が細いデザインが原因だからか、中々に尻の痛いバイクなんだよ。
ハヤブサのお座敷シートからセローに乗り換えたら本当に尻に染みる。
三角木馬が尻に染みる。
自走で北海道なんか行ったらヒリヒリしてカムイワッカなんて入れないね。
ってか、もう入れないか。

 

ロードバイクにも乗り、そしてセローやスーパーシェルパ等にも乗る人は、きっと誰しも思う事が有る。
それは、レーパン履いてこれら三角木馬に乗ったら尻が痛く無いんじゃないの?って事。
きっと思う人も居るんじゃないかと思う。
試した経験の有る方もきっと居るだろうと思う。
そう言う私も実は試した事は有ったりする。

ちなみに、私の感想は...合わない。
試みた事は有るけれど、少なくとも私のレーパン+尻&セローは合わなかった。
合いそうな雰囲気だったけど、これが意外な程に合わなかった。
ライスコロッケが晩御飯のおかずに合わなかったのと同じレベルで、レーパンはセローには合わなかった。
やっぱ自転車のサドルに特化したパッドなのでセローには合わないのは仕方ないんだろう。
そりゃそうか。

あ、そうそう、前にも書いた事は有るけれど、ライスコロッケは晩御飯のおかずには成らないので注意しよう。
幾ら見た目がコロッケでも、ご飯のおかずにご飯はやっぱ合わない。
やっぱご飯のおかずにご飯は合わないんだな。
裸の大将でもそんなにご飯ばっかり食べないんだな。

 

でもコレはとても良さそうな予感。
これならセローにも凄く合いそうな予感がする。

コミネ(Komine) バイク用アンチバイブレーションインナーパンツ ブラック LL 04-631 SK-631

新品価格
¥3,323から
(2018/6/12 15:39時点)

流石はコミネちゃん。
やっぱり最後はコミネちゃん。
頼りになる(個人の予感です)

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE