スポンサーリンク

翼は要らないからクチバシをください

それ程濃密な付き合いが有る訳でも無いけれど、医者をやってる知り合いが居る。

こんなクチバシバイクに乗ってる医者なので、ペスト医師=メディコ・デッラ・ペステと呼ばれている。
私の心の中でだけ。
口に出したらクチバシで突かれそうなので言葉には発しないけど。

 

 

そんなペスト医師が、新たにバイクを買おうと考えてるんだよって、そんな事を話してたのはつい先日の事。
久しぶりに顔を合わせて、お茶飲みながら雑談してる時の事。

考えてるのはツーリング系トレールバイク。
高速道路に特化したフルカウルツアラーに乗り換えるのでクチバシツアラーは手放し、その代わりに250ccクラスのツーリングにも使えるトレールバイクを買おうか、なんて計画。

そうか、ついにクチバシは無くなっちゃうんだね。
もうペスト医師とは呼べなく成っちゃうんだね。
呼んでないけど。

クチバシバイク末弟のVストローム250を買えばまだペスト医師の二つ名は残されるのだが、トレールバイクってんだからあれはやっぱ却下かなぁって思うな。
まぁダートも走れない事は無いけれども....。
でも流石にちょっとね。
中身は概ねGSX-Rだし。

似たような理由でヴェルシス250も却下だね。
まだそっちの方がダートは走りやすそうだけど、それでも2気筒ってのはやっぱちょっとね。
そもそもクチバシも着いてないし却下だ。

選択肢はCRFラリー一択か。
中古も視野に入れても、レイドかジェベルか....まぁそんな所。
どっちにしても古すぎるのでCRFラリーだね。
クチバシ着いてないけどそりゃ仕方ない。
水中眼鏡は付いてるけどクチバシは付いてないのは仕方ないか。
ホンダだものね。

ぼちぼちと弄りながら乗るならレイドでもジェベルでも構わないけれど、医者ってすっごい忙しいのでそんな暢気な事はしてられない。
二度寝した後で風呂に入って、さらにまた寝ると言う暴挙を平気な顔してやってのける無職ならともかく、医者はとても忙しいので直ぐに安心して乗れるバイクを選ぶべきだ。
キャブのオーバーフローに悩んでる暇など無いのだから。

 

 

今やトレールバイクと呼べるのは、CRFかセローくらいしか残ってない寒い時代。
今更ジェベルだけで3種類も有った時代に戻るのは難しいだろうけど...
ん、まぁこのご時勢に空冷セローが生き残ってるってだけで有りがたく思えって事なのかも知れないか。

ちなみにこのバイク。
DJEBELと書いてジェベルと読む。
125、200、250、そして200より実は先に生を受けてるDFも含めた、スズキの悪い癖が出た手厚い4兄弟バイク。
ガンマを思い出される手厚いラインナップだ。

ドジェベルと呼んでも別に大きな問題には成らないけれど、ベジェルと読むのはちょっと問題あるので注意しよう。

Bejel=ベジェルとは地方病性梅毒の事。
風土病性トレポネーマと言われる非性感染症。
非性感染症=つまり、純潔の魔術師(ウイザード)の方も罹患する恐れが有る梅毒だ。
梅毒なんてオレは大丈夫さ!と、大きな声で自慢したいかも知れないがそりゃ早計って奴だよ。
まぁ、地方病とは言ってもサウジアラビアとかの話しらしいけど。

 

 

んな事はともかく、このジェベルには30PSを叩き出す単気筒空冷(油冷)ツインカムなんて凄いエンジンが載っているのだ。
元がDR250Rだからって理由なんだけども、DR250Sからボルティやらグラトラやらに散々積まれまくったシングルカムエンジンとは違う、中々に金の掛かったエンジンを載せてるのだ。
グースでもカムシャフとは1本なのに。

カムシャフトの本数が売り上げの決定的差では無いのはそりゃごもっともだけど、折角作ったんだからもうちょっと生かす事は出来なかったのかなと、この250XCに関してはちょっと残念な限りだね。
200は...ん、まぁアレだけど。
えっと...ライトガードが格好イイんだぞ!スイングアームもアルミなんだぞ!とかそんな事くらいしか書けないけども。
実際に2年ほどジェベル200に乗ってた私の口からはそれくらいしか。

結局の所、そのペスト医師はCRF250ラリーを買ってしまうのだろう。
唯一の選択肢だからまぁそりゃそうだろうね。
クチバシが無くなっちゃうのが残念で成らないねと、特に関係ないけどそんな事を思っている。
翼も水中眼鏡も要らないけどクチバシをくださいと言ってもそりゃ無理だよねと。
もうペスト医師とは呼べないなと。
ああ、勿論ちょっとも呼んでないけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする