意外と細くて堅いのが好き

 

意外と細くて堅いのが好きだったりする。
ハンドルのグリップの話。

概ね170cm~175cmくらいを目安とした成人男性を対象としているこの世の多くのバイク。
足つきやハンドルの遠さだけでなく、ステップからシフトペダルにタンク形状から....
バイクの各部は全てターゲットと成る最大公約数的な身長の人に使い易いサイズと成っている。
したがって残念ながら、153cmの人や、逆に2mオーバーのアンドレ・ザ・ジャイアントみたいな人には少々不具合を感じてしまう事も有るだろうと思う。
大きいだの小さいだのと。
四輪自動車と違って、構造上運転手に合わせるのは難しいので仕方ないんだけどね。
自転車みたいにサイズ別に作り変えるってのも大変だし。

私もそんな一人。
モトクロッサーならサグは出せるけれど、ハヤブサの純正リアショックなんてカッチカチなので私の体重では最弱にしても堅すぎる。
ハヤブサでバリバリマシン誌に出てくる人みたいな乗り方しないので、普通に乗る分にはどうと言う事も無いんだけど。
でも個人的にはもうちょっと柔らかくはしたい。
かと言って社外品フルアジャスタブルリアショックに15万円~ってのは、そこらのパン屋に行くだけのバイクに注ぎ込むのはどう考えても無駄遣いなのでやっぱ辛抱しておくわ。
そこらのパン屋にハヤブサを乗っていくって事についてはともかくとして。

 

ハンドルのグリップにしてもまた然り。
一般的な成人男性にジャストフィットするように作られてるので、小さな子供には太過ぎるし、ビッグ・ショーみたいなキャッチャーミットくらいの手をした人には細過ぎる。
だがφ22.2mmのハンドルに嵌めるグリップを細くするのも限度が有るので、小学生女児にジャストフィットなグリップはちょっとご用意するのは難しい。
太くするのは物理的には可能だけど、細くするのはちょっと難しい。

結構太めのグリップは意外と数多い。
だがそれでも流石にゴーヤーみたいな太さのグリップは無いので、アンダーテイカーみたいなキャッチャーミット級の手のサイズの人にはやっぱり物足りないかもね。
大きい男だビッグマンのアメリカにはもしかしたらズッキーニくらいの太さのグリップなら有るかも知れないけれど。

ともかく、ターゲットから外れたマイノリティは、有る程度は不便が強いられるもんだ。

Undertaker Entrance as Big Evil (SmackDown! September 04, 2003)

ビラーゴ250では無い。
乗ってる人がデカいだけだよ。
ヤックデカルチャーなだけだ。

 

そろそろセローもグリップヒーターに戻そうか、とか考えている。
昨年だったか一昨年だったかに発熱しなくなったので外してそれっきり。

友人の一人の乗るセローは既にグリップヒーターにハンドルカバーまで付けたホッカホカ仕様と成ってるので、それを見る度に思うのだ。
何も付けてない、ウインターグローブで寒さを凌いでる私は何時も思うのだ。
いいな。
グリップヒーターにハンドルカバーまで付けたホカホカ仕様はとても心地良さそうだねと。
もはやコタツと呼んで差し支え無い、そのホッカホカ仕様はイイねと。

等と思いつつも、デイトナの普通のグリップに交換してみた。
ヒーターは今回はパス。
これからの時期のセローは寒いからあんまり乗らないし。

グリップって本当に沢山の種類が有るもんだ。
普通の真っ黒けの奴から、ちょっとカラーの入ってるモノ。
クラゲみたいな半透明から幼虫のような鮮やかなカラーのモノや、一部の偏ったセンスの方達が好きそうな輪ゴム色した奴から。
形も何の変哲も無い普通のから、人間工学(笑)から、風呂場に置いてたら家族会議が開かれそうな形のモノから、まぁ色々。
種類も色々、好みも色々だね。

個人的には細くて堅いのが好きなんだけど、私のセローを何時も弄ぶ旦那さんのお好みは太くて柔らかいのが好き。
一時期耐震GEL入りスーパーバイクグリップなんて付けてた頃も有った。
ぷよぷよした柔らかいグリップを。
正直、あんまり好きじゃ無い。
セローにはあんまり似合わないし。

普段パッド入りグローブをしてるので、太いグリップは私の手のサイズではちょい握り難いので私はあんまり好きじゃ無いんだ。
それにグローブにパッドが入ってるので、グリップは堅めが好き。
特にしっかりとハンドルの握るトレールバイクなら、ガッチリ感の有る堅めがやっぱり好きだ。
左手は添えるだけ、なんて乗り方しない。

DAYTONA(デイトナ) PRO-GRIP(プログリップ) ハンドルグリップ #719 耐震GEL 125mm エンド貫通タイプ ブラック/ブラック 98047

新品価格
¥1,601から
(2018/11/23 08:55時点)

一般的な成人男性には良いと思う。
でも私にはちょい太いな。
新品のスーパーバイクグリップは素手で握った時の握り心地は中々にイイ感じなんだけど、どうせ素手では乗らないしね。
なんかネチネチしてくるし。

ただ太いと言ってもほんの数ミリ程度の事。
ほんのちょっとだけ太い。
ちょっとだけよ。
でも、このほんのちょっとが意外と気に成るもんだ。
す...すごく太いです。
って感じで。

結構柔らかいので握り心地は良好。
でも柔らかいので接着剤でキッチリと着けてやらないとズレる事も有る。
かと言ってワイヤリングする際に締めすぎたら千切れるのでその点もどうぞご注意を。

1123grp1

DAYTONA(デイトナ) PRO-GRIP(プログリップ) ハンドルグリップ #795 スタンダードラバー 120mm エンド貫通タイプ ブラック 98140

新品価格
¥1,067から
(2018/11/23 10:01時点)

↑右側の、このちょい細いグリップが結構好きで長年使ってるのだけども、旦那さん的にはいまいちお気に召さない模様なので、折衝案としてデイトナの普通のグリップを。

1123grp2

デイトナ(Daytona) ハンドルグリップ GRIPPYGRIP D-BASE ブラック 97462

新品価格
¥762から
(2018/11/23 09:05時点)

DAYTNAと書かれてる以外は何の変哲も無い普通のグリップ。
柔らかくも堅くも無く、太くも細くも無い。
至極普通。
それでいて純正の半分ほどのお値段なのがちょっと嬉しい。
あんまりトレールバイクっぽいデザインじゃ無いんだけど、まぁ誰もそんな所は見てないから気にしないでおく。
原チャリみたいなグリップだからと、それをどうこう言うような人は周りに居ないので気にしないようにしておくわ。

使ってみたら凄く普通だった。
堅くも柔らかくも、太くも細くも無く普通。
見た目はセローにはあんまり似合ってないけど、握った感じはとても普通。
普通って意外とイイもんだと思う。

でもやっぱり言っておきたい。
私はやっぱり細くて堅いのが好きだ。

と言う訳で、隙を見て細目のグリップに戻してやろうと思う。
やっぱ細くて堅いのが好きだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする