バイク用ナビにOPPO R15 neoと言う選択

バイク用ナビとして使うならそれなりにデカい方が良い。
5インチクラスでも使えるのだけど、6インチクラスに成ると本当に見易い。
個人の感想だけどそれくらいがベストだと思うな。
7インチのタブレット程に大きすぎない、バイク用ナビには絶妙のサイズだと思う。

でも正直、普段使うのはちょっとね。
と言う訳で、お買い得6インチスマホと言う選択。

春のツーリングシーズンに向けて、バイク用のナビを未だに色々と考えているのだけど、やっぱりスマホ+Yahooナビがベストなのかな、と思ってる。...

同じような話しばっか書いてる気もするけれど、そりゃ仕方ないさ。
同じ人が書いてるんだからそりゃ仕方ない。

毎日ヘビーに使うなら大きなハイエンドスマホを買って頂ければそれで結構なのだけど、バイク用のナビとして、落として壊れても無理は無いような使い方なら流石に8万円~クラスのスマホをホイって買うのは中々に躊躇してしまう。
落としたら悲惨だものね。

そんなの躊躇しないよ!って人はその限りでは無いが、残念ながら私は躊躇してしまうタイプの人間なので、~3万円台までがどうにかしたい、そんな気持ち。
この価格帯なら、道路で落としても3日程度泣き明かす事も無く済みそうだしね。
2日程半泣きする程度で済みそうだ。

OPPO R15 neo

OPPO R15 Neo SIMフリースマートフォン【国内正規品】ダイヤモンド ピンク (2,500 Amazonコインクーポン付き)

新品価格
¥21,780から
(2019/3/8 11:11時点)

OPPOと言う、最近良く目にするやたらでっかいのばっか日本に投入してる中華スマホ。
大中華思想を具現化するかのように、現在ラインナップされる全5種は全て6インチオーバーと言う大きさ。
でっかい事はいい事アルよと言わんばかりに。

スペック

OS Android 8.1 (Oreo) , ColorOS 5.1
ディスプレイ 6.2インチ, IPSディスプレイ
CPU Cortex-A53 8コア, 1.8 GHz
RAM 3GB / 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4230mAh
インターフェイス microUSB 2.0
防水
サイズ 156.2 x 75.6 x 8.2(mm)
重量 168g

スマホに何を求めるのかによってベストなチョイスはおのずと違ってくるのだけど、安くてデカくてナビが普通に動くスマホが欲しいと言うなら、コレは中々に良い選択だと思う。
2万円台で手に入るのだから文句は無いね。
ただ残念ながら防水性能は無い。

上位モデルのR15 Proは防水性能がIPX7と、少々の雨なら全然平気な性能を持ってるのだけど、現在はR17 Proへとほぼ切り替わってるので今は入手困難。
じゃぁ17Proでイイじゃんって思うかも知れないが、残念ながらどう言う訳だかR17 Proは防水性が無いのでスマンかった。
お値段も6万円台と、バイクに付けるにはちょっと根性要る金額だ。

出来るだけカウルに隠れてモロに雨の当たらない所に設置するか、雨降ったらビニール袋でも被せておくか、ってか大雨なら外しておくか、と、その辺の対応は必要だけど、重ね重ねコレが2万円台で手に入るのだから、車載専用として考えたらベストチョイスだろうと思う。

1.メインとして使う

2.サブ機として500~1000円/月のデータシムを契約する

3.テザリングで使う

使い方は幾つか考えられるけれど、心配性な私はメインで使うスマホはバイクには付けたく無いので、2か3で使う思う。
きっと3だね。

普段使いとしてはちと大きいけれど、ナビにはコレくらいが欲しい。
素直にナビ買えよって声は聞こえない振りを決め込んで、本当にナビ用に買っちゃおうかなぁって、右人差し指が絶賛思案中だったりする。

ん~~どうしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする