スポンサーリンク

レディングは元気です

 

 

2008年以来、GPを走り続けていたスコット・レディング。
15歳+170日と言う、史上最年少優勝記録を持つ。

2013年のMoto2時代の3勝を含む通算4勝。
最高成績は同じく2013年のMoto2ランキング2位。
GP125時代に最年少優勝記録を打ち立てたが、実はそれ以来GP125では優勝は未経験だったりする。

Moto2ランキング2位獲得後は、絶望のRCV1000R時代を経てMarcVDSのRC213V~DUCATIサテライトのプラマック。
最後はアプリリアに流れ着いて残念ながらMotoGPのキャリアは終わる。

そんなレディングの2019年の戦いの場はブリティッシュスーパーバイク。
BSBへと戦いの場を移した。

British Superbike 2013, the Cadwell Park jump

 

 

こんな物騒なコースでお馴染みのBSB。
今年のレディングはココで戦う。

そんなBSBの、開幕を前に行われたテストの結果がこちら

Bennetts British Superbike Championship, Monteblanco, Official Test, Day 1 result:

  1. Scott Redding (Be Wiser Ducati) 1m:38.385s
  2. Xavi Forés (Honda Racing) +0.169s
  3. Jason O’Halloran (McAMS Yamaha) +0.321s
  4. Danny Buchan (FS-3 Racing Kawasaki) +0.750s
  5. Luke Mossey (OMG Racing Suzuki) +0.792s
  6. Tarran Mackenzie (McAMS Yamaha) +0.853s
  7. Claudio Corti (Team WD-40 Kawasaki) +0.872s
  8. Glenn Irwin (Quattro Plant JG Speedfit Kawasaki) +0.883s
  9. Andrew Irwin (Honda Racing) +0.978s
  10. Josh Brookes (Be Wiser Ducati) +1.100s

流石の貫禄でいきなりトップタイム。
初年度のパニガーレV4、初めてのプロダクションレーサー、多分始めて走るスペイン南部のサーキット。
その状況でトップタイムは流石は元MotoGPライダーと言えそう。
レディングはとても元気そうだ。

負けじと食らい着いてるのは、昨年のSBKでDucati第3の男と呼ばれたシャビ・フォレス。
シートを失った今期はホンダに乗ってBSBを戦う。
こちらも流石は元SBKライダー。
いきなり速いのは流石だね。

BSBへと流れ着いた2人の戦いはこれから始まる。
タイトルを土産に来期はSBSへと移るのか、それとも.....

イギリスは寒いからか、開幕までまだ1ヶ月以上も有るのんびりペース。
レディングの活躍の日は、まぁもうちょっと待ってね、と言う事で。
この好調さが続く事を祈るばかりだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする