スポンサーリンク

インドネシアのMotoGP公道コースの話しを再び

インドネシアで開催される予定のストリートコースが作られる場所はこの辺り

 

 

予定では2021年からの3年間、インドネシアで公道コースを使ったMotoGPが開催される予定。
あくまで、予定。

https://www.crash.net/motogp/feature/915995/1/indonesia-street-circuit-something-special-motogp-history

なお、公道コースと言っても、こんなレースをする訳では無い

Macau Motorcycle Grand Prix 2015 Race Highlights

そりゃそうさ。
流石にコレは無理だ。

 

 

あちこちのレース系サイトの記事にも書かれてるように、コース自体はこれから工事する。
つまり、既存の道路を封鎖してレースする訳では無く、これからMotoGPの規格に沿ったコースを作って普段は一般道として通行させようって話し。
卵が先か...って話しみたいだけど、話しの筋から言えばこれから作るサーキットを普段は公道として通れるようにするよ、ってのが正しいと言える。
公道コースと言うよりも、コースを普段は公道にするよってのが正しいと言える。
まぁどっちでもイイんだけど。

予定では今年の秋から本格的に工事に着工するとの事。
予定では。

ルマン(24h耐久自動車レースのコース)のサルトサーキット以外の部分よりもさらに分かり難いと思う。
きっと、何処からどう見てもただの普通のサーキットにしか見えないんだろうなと思う。
繰り返しに成るけれど、あくまでMotoGPの規格に沿ったサーキットを作る訳なのだから、勿論の事、何処からどう見ても普通のサーキットに見える事だろうと。
別にフォーミュラEやマン島TTやマカオみたいなレースする訳じゃ無いんだよと。

だから、何か良く分からないけど興奮してる人は落ち着いて欲しいなと、そう思う次第だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする