アルゼンチンGP決勝

  1. Marc Marquez ESP Repsol Honda (RC213V) 
  2. Valentino Rossi ITA Monster Yamaha (YZR-M1)
  3. Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (Desmosedici GP19)
  4. Jack Miller AUS Pramac Ducati (Desmosedici GP19) 1m 53.908s +0.528s [17/19] 352k
  5. Alex Rins ESP Suzuki Ecstar (GSX-RR)
  6. Danilo Petrucci ITA Ducati Team (Desmosedici GP19) 1m 54.053s +0.673s [15/16] 344k
  7. Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) 
  8. Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha SRT (YZR-M1)
  9. Aleix Espargaro ESP Factory Aprilia Gresini (RS-GP)
  10. Pol Espargaro ESP Red Bull KTM Factory Racing (RC16)

 15Johann Zarco FRA Red Bull KTM Factory (RC16)

序盤からマルケスが抜け出し磐石の圧勝パターン。
お陰であまりテレビに映らないと言う、レプソル様的にはちょっと複雑な気が...まぁしないか。
今更。

同じくレプソルホンダのロレンソは、これまた逆のパターンでテレビに映らなかったりして。
こちらもレプソル様的にはちょっと複雑な気が...ん、こっちはやっぱちょっとは思うか。
流石に。

乱高下のビニャーレスは、今回も決勝レースで下の波に飲み込まれて苦しい展開。
途中、盛り返したかと思いきやオーバーランしかけて後退し、我らが中上君を振り切り再び集団に追いついたものの、最終ラップでモルビデリに突っ込まれてジ・エンド。
レース中でも乱高下は止まらない。

だが、16歳にしてパリス・ヒルトンと言う名の第六天魔王を体験したビニャーレスは、この程度の事で動じるようなちょろいメンタルはしていない。
これからの巻き返しを期待したい。
金曜土曜や日曜午前はともかく、日曜午後の本番で調子良く走れるように。

一方ザルコは....
良く分からないジャンプスタートによるライドスルーペナルティを食らったクラッチローにも抜かれ、失意と絶望の2戦連続15位。

どうしてこうなった?
どこでステップを踏み外した?
どこでミスった?
なんと言うザルコのミスの悲劇は何処で幕を開けたのか?
この悲劇の原因は、ヤマハか、KTMか、それともピエール瀧みたいなマネージャーか?

ザルコの笑顔を見る為にGPを見てると言って過言でない私は、この心苦しい展開はどうにか成らんものかと、ヨーロッパラウンドに移ればどうにか成るかなと、やっぱどうにも成らんよねと、そんなモヤモヤした気持ちを抱えながら、寝る。
午前3時スタートなんて肌に悪すぎるわ。
アメリカはちょっと辛い。

ザルコの息が吹き返すかどうかは知らないけれど、ともかく早くヨーロッパに移ってくれないかと切に願うばかりだ。
夕食時間に放送してくれるヨーロッパラウンドに早く移ってくれないかなと。
私の肌は、ビニャーレスのメンタル程に強く無いのだから。

ともかくアレだ。
ザルコには幸せに成って欲しい。
ただそれだけ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする