スポンサーリンク

2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.3:アメリカスGP

 

 

今年のルーキーはこの4名。

20 Fabio QUARTARARO FRA Petronas Yamaha SRT Apr/1999 Moto2-10位
36 Joan MIR SPA Team SUZUKI ECSTAR Sep/1997 Moto2-6位
63 Francesco BAGNAIA ITA Alma Pramac Racing-Ducati Jan/1997 Moto2-1位
88 Miguel OLIVEIRA POR Red Bull KTM Tech 3 Jan/1995 Moto2-2位

本命はスーパールーキー=クワルタラロと唯一のファクトリーライダー=ミル。
テストでは好調だったバグナイアが続き、KTMサテライトのオリベイラは...どうだろう。
ファクトリーでさえトップクラスとは言えない状態。
そのサテライト、しかもテック3も移籍1年目の今期は流石にスズキファクトリーやドカ系トップのプラマック、M1のAスペックが提供されるSICと戦うのは、正直スマンかったと言わざるを得ないか。

 

 

総合順位 ライダー カタールGP アルゼンチンGP  アメリカスGP 合計ポイント
10 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 17pt
14 Francesco BAGNAIA 14(2pt)  9(7pt) 9Pt
18 Joan MIR 8(8pt)  17(0pt) 8pt
16 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt) 7Pt

流石のスーパールーキー桑太郎。
開幕戦の悲運を払拭し、何事も無かったかのように今回もシングルフィニッシュで総合も10位へアップ。
もはやセカンドグループの一員って雰囲気さえも。
やはりルーキータイトル最右翼か。

ミルはジャンプスタートによりノーポイントフィニッシュ

オリベイラは、恐らく全ライダー中最も戦闘力のアレなマシンの一台に乗ってると言えるが、それでも頑張ってポイントゲット。

テストでは存在感を如何なく発揮してたバグナイアも、シングルフィニッシュで順調にポイント獲得。

昨年は、フル参戦ノーポイントが1人と同じく1ポイントが1人と言う絶望のルーキースタンディングだったが、今期は2戦目にして早くも全員がポイント獲得。
2019年のルーキータイトル争いはちょっとレベルが高そうだね。

と言う訳で、この大体コピペで済むとても楽なお話は次回ヘレスへと続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする