ロレンソがリタイヤした理由についてはI can’t talk about it

こ...これは。 なんでも、ロレンソは柔らかめのグリップが好きらしい。 で、走ってる最中に千切れたと。 ブレーキパッドが取...


何かとトラブルに見舞われてるロレンソ。
今回のオースチンの予選でも、前回のマルケスと同様にチェーンが外れると言う、ママチャリみたいなトラブルに見舞われた。
絡まらなくて良かった。

なお、チェーンが外れたのはどうやらカーボンスイングアームに原因が有るらしい。
何かしらの状況で歪んでしまうとか何とか。
ちょい歪んで、ちょいチェーンラインがズレて、そしてチェーンが外れると。
チェーン調整ミスな訳では無い。
新聞配達のスーパーカブじゃ無いんだから。

だが、チェーン調整ミスなんて訳では無い分、影響はちょっと深刻かも知れない。
ネジ締めりゃイイって話しじゃ無いから。
ビクともしないスイングアームなんて幾らでも作れるだろうけど、強すぎるのも問題が有るだろうから難しい話だね。
今後、まさかのシャフトドライブへの展開は有るのか...無いか。

ちなみに

MotoGP: No details on the malfunction that stopped his Honda: "It's not related to the chain. Everything is going wrong this season."

決勝で止まった原因については
I can’t talk about it
らしい。
結局は霧の中。

ただ、余りにトラブルが続くと、何時かのロレンソお怒りモードが再び目を覚ます可能性も有るので、そろそろハンドルのグリップが千切れたりチェーンが外れたり謎のトラブルが起こったりせず、普通に乗れる普通の日常がやって来る事をお祈りしたいばかりだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする