世界の中心に向かってありがとうと叫ぶ

各メーカー、象徴と言えるモデルが有る。

ホンダではCB。
スズキはGS。
カワサキはZ。
ヤマハは...ん~~~

まぁともかく、各メーカーそんな象徴とも言える、脈々と受け継がれるメインストリームなバイクが存在する訳だ。
俺がホンダだ!俺がスズキだ!俺が、俺たちがカワサキだ!
ってバイクが。

それがホンダのCB、スズキのGS、カワサキのZ。
ザンザスは個人的に結構好きなんザンスけど、あれはちょっとカワサキの中心とは言いがたい。
俺がザンザスだ!って叫ぶのは結構だけど、カワサキの中心とは、象徴とは正直な所はちょっと言いがたい。
ヤマハは...ん~~~

で、ホンダのCB。
その名の由来には諸説有って、MotorCycleのCとCLUB MAN RACERのBから取ったとか、CAってモデルの後継だからCBにしたとか、CBと言えばCelestial Beingの略だろ?とか。
まぁ色々と言われてるらしいけれど、良く解らないや。
結局の所。
気に成る方はホンダのお客様相談室へお問い合わせを。

CBと名の着くバイクは非常に数多い。
排気量は50ccから1300ccまで。
何の変哲もないスタンダードなバイクから、スーパーブラックバードだなんて名前からしてスーパーでスペシャルなストロングマシンまで様々。
原付から白バイ、教習車からワールドスーパーバイクまで何でもこなすCB。
俺がホンダだ!
と声高に主張できるジス・イズ・ホンダバイク。
それがCB。

だが、あまりにも広大な、幼女から爺さんまで何でもイケる口のあまりにも広大なCBの世界においても中心点は存在する。
Z界の中心にはゼッツーやザッパーが居るように、GS界の中心にはGS1000やGSX-R1100が居るように、広大なCBの世界においても中心点は存在する。

それはCB750。
世界のバイク界の中心に位置するホンダの、ホンダの中心に位置するCBの、そして日本のバイク界の中心に居るナナハン。
まさに世界の中心と言って過言でないバイク。
それがCB750。
所謂K0と呼ばれるDREAM CB750FOURだったり、その後継に当たるCB子ちゃん=CB750Fがそれに当たる。
バリバリ走るCB750Fがそれに当たる。
これが世界の中心。
異論が有るならお母さんにでも聞いて貰ってくれ。

免許を取った私が、公道で始めて乗ったバイクがCBR250R。
4気筒のCBR250R。

そのCBR250Rに乗ってた、まだ16歳だったか17歳だったかの当時。
私の住んでた京都から周山街道を越えて日本海へと、特にコレと言った用事も無いけどCBR250Rを走らせてた事が有る。
特にコレって用事が有った訳では無いけれども。

何処だったかの景色の良い場所で、事前に買って来たパンを食べながら休憩をしてた。
そこへ現れたのがCB750F
世界の中心、CB750F

『限定解除』なんて呼ばれてた当時。
401cc以上のバイクに乗ってるってだけで大したステータスだったもんだよ。
免許取るのも大変だったし、バイクの値段も高かったしね。
今や1300ccと言っても『へー』ってだけで済む話だけど、当時は大層なステータスだったんだよ。
タダで貰った250ccに乗ってた私とは髄分違う。

そのCB750Fの人とは特に会話を交わす事も無く、自販機で買ったコーヒー片手にパンを食べ、私はキュヒーーンと、独特の音を奏でながらCBR250Rを走らせた。
走り出して直ぐ、背後からピピピーと、クラクションの音が聞こえて来た。
ミラーを見ると先ほどのCB750F。
何だ?
ナンパでもしようってのか?
カン高いCBRのエキゾーストノートを聞いて発情でもしたのか?

一気に私のCBRに並んだCB750F。
一瞬身構えた私に、思わずガードレールキックターンの体勢に入ろうとした私に、お前のカメを噛み千切ってやろうか!と臨戦態勢に入った私に向かって、そのCB750Fの人は叫んだ。

『財布忘れてたよ!!』

と。

瞬間、私はジーンズの尻ポッケをいやらしい手つきでわさわさしてみた。
しかし反応は無い。
やはり忘れてたようだ。

停止するよう叫ぶCB750Fの人。
言われるままに停止する私、そして真横に並んで停止するCB750F。
CB750Fの人はタンクバッグから私の財布を取り出し、ハイっと私へと手渡してくれた。
さっき自販機で甘い泥水と評される某缶コーヒーを買った時まで見覚え有る財布を私に。

『それじゃ気をつけて』

え、あ、あ、え...

禁書目録3期を見てるかのような、あまりの事態の急展開に着いて行けずドギマギする私を置いてけぼりにしながら、わざわざ財布を届けてくれたCB750Fの人はUターンして去って行った。
自分の名前も、連絡先も、今日履いてるパンツの柄さえも私に伝える事無く。
そして私も、名前も、連絡先も、お父さんが多分今日履いてるだろうパンツの柄さえも伝える事無く。
『ありがとう』の一言も言えず。

まさに刹那。
1/75秒の、あっという間の出来事。

思えば無礼な話だ。
わざわざ財布を届けてくれたのに。
危うく免許を紛失して、免許証番号の末尾が1に変わる所を助けてくれたのに。
まぁ、結局は何年か後に免許を失くして結局末尾1なんだけど。
あらやだ。

ともかく、せっかく、わざわざ、ご足労掛けたのに、礼の一つも、ありがとうの一つも言えないなんて無礼な話だ。
当時の私は、無礼で不躾で可愛いだけが取り得の美少女だったんだなと今なら思う。
あれから色んな経験を積んできた、今の私ならそう思う。

そんな事を思い出したのは、先日Z900RSカフェをバイク屋に引き取りに行った際、その店に綺麗なCB750Fが停まってたから。
ああ、そう言えば昔、このCB750Fに乗ってた人が財布届けてくれたよなぁって。
あの人のUターンは中々上手かったよなぁって。
思えば私がUターントレーニング積んだのってアレがキッカケだったのかもなぁって。
でも礼の一つも言えなかったよなぁって。
一瞬の事で『ありがとう』の一つも言えなかったよなぁって。
何となくそんな事を。

だからと、全く無関係で有ろうこのCB750Fとバイク屋の店長に『ありがとう』と言っても、言われた方が困ってしまうから特に何らアクションを起こしたりはしないけれど、今度もし同じような出来事が有れば、それが例えどんな一瞬の出来事で有ろうとも、いくら刹那な出来事で有ろうと、ちゃんと『ありがとう』と伝えようと思う。

刹那・F・謝謝

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする