カタルーニア騒動

今回のカタルーニアGPは、Moto3でも31台中フィニッシュは19台とのっけから大時化な展開。
ベーリング海のベテラン蟹漁師でも手首の内側のツボを押してみたく成るレベルの荒れまくり。

で、この騒動の中心として、一体何が有ったのか?ってのは
https://youtu.be/EC3DxrKe2IA

こんな事が有った。

誰が悪いとか、何が原因だとか、そんな事を私が語った所で仕方ないので何も書かないけれど、ってかロレンソがヘタこいたのが悪いんだけど、インタビューに答えてたロレンソは凄く痛々しかった。
なんか先週の土曜日にも、SBKで似たような展開は有ったのだけど、あの時よりも更に今回は悲惨な光景。
インタビューに答えてたロレンソは血の気引いてたものね。
顔面蒼白って奴。
人の顔ってあそこまで白く成るものなんだね。

これがフェナティなら、開き直って逆切れして余計な発言してまた余計な敵をせっせと増やす所なのだろうけど、フェナティ比では圧倒的に常識人のロレンソには中々心苦しい話。
静かに話題が消えるのを待つしか成さそう。

ただ、今回は非常にねばっこいロッシさんが絡んでるので、一筋縄には行かなそう。
ビニャーレスだけならまだしも、タイトル争いしてる昨年までのチームメイトのドヴィさんに、溶けたモッツアレラチーズのように、粘っこく何時までも糸を引くロッシさんが居るので、この騒動がスッキリ抜けるのはちょっと時間が掛かるかも知れない。

でも、実は一番大変なのがこの人。
エスパルお兄ちゃん。

実家からママチャリで来れる程の超地元で開催される今回のカタルーニアGP。
ウォームアップで3番手と決勝は気合入れまくったものの、よりによって1周目に同じチームのアプリリアからワイルドカード参戦のスミス氏に突っ込まれて大怪我。
残念ながら次のアッセンも欠場。

で、その代役によりにもよって怪我の元凶のスミス氏が出ると言うので心中は穏やかではない、かも知れない。
今回のペナルティで次のレースは3グリッド降格らしいけれど、ぶっちゃけ一番後ろか後ろから2番目くらいかの違いしか無いので大したペナルティには成らないかもね。

大体何時も笑ってるか怒ってるかの昔の2ストみたいにピーキーな性格だけど、第3の性格とも言える同じく昔の2ストに良く有ったトルクの谷底に落ちたかのようなダウナーっぷりに、今回の深刻さが現れてるんじゃ無いかと。
もうベコベコに凹みまくり。
怒る気力も無いって感じで。
こんな膝じゃチャリにも乗れない。

ちなみに今回のカタールGPは、セーフティーカーも事故ってたりする。
しかもVIPを乗せてドライブしてる最中に。
こっちはこっちでベコベコですわ。

ベテランドライバー運転するセーフティーカーもクラッシュするカタルーニア。
ロレンソが爆発するのも不思議は無いのかも知れない。

ただ、爆発するまでのロレンソのライディングは見事だったので、ロレンソファンは次回のアッセンを期待しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする