2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.7:カタルーニア

今年のルーキーはこの4名。

20 Fabio QUARTARARO FRA Petronas Yamaha SRT Apr/1999 Moto2-10位
36 Joan MIR SPA Team SUZUKI ECSTAR Sep/1997 Moto2-6位
63 Francesco BAGNAIA ITA Alma Pramac Racing-Ducati Jan/1997 Moto2-1位
88 Miguel OLIVEIRA POR Red Bull KTM Tech 3 Jan/1995 Moto2-2位

カタルーニアGPまでの獲得ポイント

総合順位 ライダー QAT ARG  USA SPA FRA ITA CAT 合計ポイント
7 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 9(7pt) 10(6pt) 2(20pt) 51pt
15 Joan MIR 8(8pt) 17(0pt)   16(0pt) 12(4pt)  6(10pt) 22pt
18 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt)  18(0pt) 15(1Pt) 16(0Pt) 12(4pt) 12Pt
20 Francesco BAGNAIA 14(2pt) 9(7pt) 9Pt

夜の9時に変な声出してしまったカタルーニアGP。
結局、24台中完走は13台と凄い展開に。

レースは、ロレンソのブレイクショットを上手く回避出来たマルケスの独走優勝で、弟のアレックスと共に兄弟優勝。
そして久しぶりの兄弟タイトルも見えてきた。
はしゃぎすぎて何処かにぶつけたのか?指に包帯巻いてる親父も嬉しそうだ。

そしてMotoGPクラス初表彰台と成るクワルタラロ。
リンスが脱落し、そしてペトルッチを振り切り見事に2位獲得。
スタートさえ上手ければと悔やまれるが、スタートが上手く決まってたら効果は抜群だったブレイクショットに巻き込まれてた可能性も有るので、毎度お馴染みのスタート直後に飲み込まれる展開は今回に限れば怪我の功名って奴だったかも知れない。

3位はペトルッチ。
ジャック・ミラーとバウティスタが狙ってるシートを死守すべく、3位表彰台を守りきったペトルッチ。
今年のペトルッチはちょっと違う。

ともかくクワルタラロが20ポイントを荒稼ぎして独走状態。
ちょい気は早いかも知れないけどほぼほぼ決まりかな。

このままクワルタラロが独走するか、或いは唯一のファクトリーライダーとしてミルが食い下がるか?
そして、来期はGP20に乗る予定のバグナイアはノーポイントラッシュに終わりを告げる事が出来るか?

次回、オランダ-アッセンへと続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする