ロレンソ、新たなる苦難

Seit vergangenem Freitag steht Jorge Lorenzo im Verdacht, ein Steuersünder zu sein. Als ob der Repsol-Honda-Pilot nicht genug andere Sorgen hätte.


POLICIA=スペイン語で警察の事。

カタルーニアのサーキットにて、銃をぶら下げた警官と何やら話しこんでるジーンズの男はロレンソ。
99のステッカーを見れば分かるように、自分のモーターホーム前での事。

ちなみにこのモーターホームはBERKSHIREって奴。

Forest River, Inc. Headquartered in Elkhart, Indiana manufactures Class A Motorhomes, Class C Motorhomes, Fifth Wheels and Travel Trailers.
なんか凄そうだ。

なお、レース中にぶつけたアレで調べてる訳では無い。
フェナティじゃ無いんだから、レース中の事でお巡りさんは出てこないし、アクサダイレクトも出てこない。
誰かぁーー!と叫んでも出てこない。

どうやら、税金に関するちょっとした出来事、らしい。
なんか奥歯にモノの挟まったような表現だけども、まぁそんな感じだそうで。

過去にはロッシさん、そしてマルケス(兄)も色々とゴタゴタと合った税金の話。
程度の差は有れ、別に珍しく無い税金のお話。

ロッシさんの母国のイタリアも似たような感じだけど、マルケスやロレンソの母国スペインも、もうアカンわもうアカンわと何年も言われてる経済状況。
それで居て、スポーツ選手を初めとした大金を稼ぐ著名人はみんな他所の国に住んでしまうので、こらが中々困った話な訳で。
スイスだ、モナコだ、アンドラだって。

マルケスがゴタゴタしてた時はアンドラ在住だったね。
そしてロレンソは2013年からスイスに在住してる。
こちらはロッシさんの時と違ってちゃんと住んでる。
そう、結構長い事ちゃんとスイスに住んでるんだよ。
でも...

はぁ?
それがどうした黙って金払え!

と、スペイン当局はお怒りな模様。
怒られてもねぇ。

てな具合にあれこれちょっとゴタゴタしそうだけども、流石に40数億円の追徴を食らったロッシさんのような大事には成らない、ような感じ。
多分。

ともかく、この梅雨空のようなモヤモヤが早くスッキリ抜けてくれる事をお祈りしたい所だね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする