2020 SBK ライダーラインナップ

KAWASAKI
Kawasaki Racing Team Jonathan Rea GBR
   
Pedercini Kawasaki Jordi Torres ESP
Lorenzo Savadori ITA

DUCATI
Aruba.it Racing Ducati Chaz Davies GBR
Scott Redding GBR
Barni Ducati    

YAMAHA
Pata Yamaha Michael van der Mark GBR
Toprak Razgatlioglu TUR
GRT Yamaha    
   

HONDA
HONDA Alvaro Bautista ESP
   

BMW
BMW Motorrad Tom Sykes GBR
Eugene Laverty IRL

ニューフェイスは何と言ってもスコット・レディング。
MotoGPからBSB(ブリティッシュ・スーパーバイク)を経てSBKドゥカティファクトリー入り。
来期は、今年こその男=チャズ・デイビスとコンビで最強無敵の黄緑に戦いを挑む。
ただ、V4初年度の今期と違い、来期はレブリミット制限が相応に課せられるので、その辺がどう影響するか。

フランス=マニクールで嬉しいキャリア初優勝を遂げたトプラック・ラズガ....は、ヤマハファクトリー入り。
ファン・デル・マー君と共に打倒黄緑師匠を誓う。

ドゥカティのV4デビューイヤーをド派手に飾ったバウティスタはホンダ入り。
苦戦の続くホンダSBKチームの救世主と成るか。

相棒は未定。

最強無敵のカワサキは、大英帝国五等勲爵士ジョナサン・レイは勿論変わらず。
だがレオンはさようならするのが規定路線。
レイの相棒はヤマハから来るのかなぁ、とか言われてるけどまだ未定。
まぁそもそもは、ヤマハのマー君が入るんじゃないの?とか言われてたりもしたんだけど、ともかくまだ未定。

この最強チームの最強シートに誰が納まるか。
ただ問題は、来期のカワサキファクトリーは今期よりもさらに回転数の制限が加わるかも知れないって事。
カワサキ殺しがさらに強力に成るかも知れんって事。

移籍初年度のライダーに取ってはただのとばっちりだけど、まぁそれに関してはスマンかったと言う事で。

BMWはヒゲ&ヒゲ

鯖通りはお帰りなさい

メランドリはさようなら

現状未定は、キャミアとハスラムのダブルレオンと、ヤマハを出たサム・ロウズ。
そろそろカワサキのもう一人とホンダのバウティスタの相棒が発表されるそうなので、この辺りの有力ライダーの名前が挙がってくるかもね。
ハスラムは....どうだろう。

と言う訳で、続報が有ればまた適当にって事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする