2020年のレプソルホンダの体制は

2020年のレプソルホンダについてはこんな話。

アレックス・マルケスがホンダの空いたシートに入る。
ザルコはアヴィンティアからGP19に乗るみたい。
公式発表は日曜日の午後だ。

MotoGPジャーナリストのピーター・マクラーレンさんが言うにはそんな話。

そして、それに対するザルコの返答。

アヴィンティアに行くならMoto2に降りるわ。
~byザルコ~

現在、レプソルホンダのシートにはどうやらアレックスで決まりつつある空気感。
お兄ちゃんマルケスの発言か、親父が何か言ったか、特に関係ないのか?
ともかくそんな空気感。
レプソルホンダはマルケス一家で占めるような空気感。
まぁ、アレックスがよりによってヤマハにでも行ったら、特に用事の無い親父があちこちウロウロしてややこしいのでこれがベストなのかも知れない。

クラッチローは、モンスターエナジーってのがネックに成ってるとかどうとか。
レプソルホンダはレッドブルだから。
それを言えばアレックスもモンスターエナジーのライダーなのだけど、単にモンスターエナジーを貼り付けてるアレックスと、モンスターのボスで有るロドニー・サックスと付き合いの長いクラッチローとではその意味が違うとかどうとか。

つまり、アレックスは何時でも爪痕マークから二頭の牛を持ってる男に貼り換え出来るけれど、クラッチローはちょい難しいよねって話。

だから未だブラドルの名前が出てくるんだけど、でもそれはきっとドイツメディアの情報だからってだけの話なんだろうと思う。
流石に無いわ。

ともかく、どうやら日曜日には公式に発表され、そしてバレンシアGP終了後すぐに行われる2020テストではそのニューレプソルホンダライダーがお目見えするって、これまたそんな空気感。

そうなれば、バイクも、そしてレーシングスーツも既に用意されてるので誰に成るのかは既に決まってるのだろうけど、スペインの方を見ながらお祈りしてようと思う。

ってか、唐突に、そして今更にアヴィンティアって話が浮かんできたけど、ラバトかハム太郎のどっちかが...クビって事なのか?
ザルコが来たら、の話だけど。

それはちょっと本人からしたら穏やかじゃないよね。
ザルコを入れるから出て行けと、今更そんな事を言われたらそりゃ気分悪い。
アヴィンティアに行くくらいならMoto2に乗るわと言われるのも、それはそれで気分の良い話では無いかも知れないけれど。
そんな血も涙も無い事言われたら。

まぁもうレプソルホンダの来期の体制は決まってるんだろうとは思う。
でもそれでも、どうにかお願いしたいと。
ただただお祈りするばかり。
アヴィンティアの動向は....まぁイイや。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする