ザルコ、やっぱりドゥカティに乗る....かも

KTMを出て以来、ヤマハのテストライダーから急転直下のレプソルホンダ。
或いはMoto2のMarcVDS、やっぱりヤマハのテストライダーかも?

志望校にD判定出され進路を決めかねてる高校三年生のように、どうしようかどうしようかと悩み悩んで時間ばかりが無情に過ぎていくザルコ。
るろうに笊子。

で、どうしてもザルコにMotoGPに留まらせたい謎の勢力によって、やっぱりアヴィンティアで走らせようって話が現実化してるとかどうとか。
ドゥカティとの関係が深まった事により、プラマックへの道も大きく開けたアヴィンティアにザルコを乗せようと。
アヴィンティア側からしたらちょい複雑な気持ちはあるかも知れないけれども。

早ければ今日にも発表されるかもねって。
2019年最後に成る25日のヘレステストに間に合うかどうかは解らないけれど。

右がご存知ドルナのボス。
青い人は言うまでも無い。
その左は、陸上選手でGPとは何も関係無い人。
そして一番左、Dornaで非常に強大な発言権を持つと言われるのがこの人。
フランス人のClaude Michy。
プロサッカーチームも持つフランスのプロモーター。

この人の胸の中には、同胞で有るフランス人のザルコを何としてもMotoGPで走らせたい。
そんな大きな思惑が、有るとか無いとか。

フランス人なら、クアルタラロってスーパールーキーが居るじゃないか!
クアルタラロって、実力も周囲のプッシュも凄いフランス人ライダーが居るんだからイイじゃないか!
と思うのだけど、彼はガキの頃にスペインに出て行ったからね。
って、そんな器の小さい話がちらほらと聞こえてくる。
なんて器の小さい。
って、話。
そんな風の便り。

どうするザルコ?
全てはザルコの決断次第。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする