2020 SBKカレンダー発表

http://resources.worldsbk.com/newsdesk/2020/Calendar/WorldSBK_Official_calendar2020.pdf

開催数は2019と変わらず13。

増えたのはドイツ(モートルシュポルト・アレナ・オシャースレーベン)とカタルーニアの2つ。
消えたのはタイ(チャーン)と、伝統のラグナセカ。
MotoGPに続いて、ついにSBKでもその姿を消す。
ロッシとストーナー、マルケスとロッシ、そして世界のハガノリと誰だっけ?で胸を熱く滾らせたコークスクリューは見られない。
ああ残念。

日程の変更は、2019年は10月の最終戦に行われたカタールラウンドが、MotoGP開幕戦の翌週の3月2週目~に変更。
後は途中にドイツとカタルーニアが挟まれる程度でスケジュールは概ね2019年と変わらず。
雪が降ってえらい事に成ったオランダ・アッセンも概ね変更なし。
来年は雪が積もらないように。

ただ、2019年は10月25日から行われた最終戦(カタールラウンド)は、10月9日~と数週間前倒し。
2020年はサマーブレイクを短めになると共に、サマーブレイク明けの終盤戦は9月に3開催とギュっと詰めたタイトなスケジュールと成る。

ちなみに日本のレースファンが気に成る7月のスケジュールは

SBK イギリスラウンド     7月3日~7月5日

MotoGP フィンランドGP   7月9日~7月12日

鈴鹿8時間耐久レース     7月16日~7月19日

SBK ドイツラウンド      7月31日~8月2日

MotoGP チェコGP      8月6日~8月9日

こんなスケジュール

SBKイギリスラウンドから8耐決勝までは2週。
8耐決勝からSBKドイツラウンドまでもこれまた2週。

決勝~決勝まで1週間しか開いて無いMotoGPライダーが8耐に出るのはほぼ絶望的。
ロレンソは....
そりゃどうか解らないけれど、レギュラーライダーは流石にちょっと無理。

一方SBKは、前後2週空いてるので特に問題なく出れそう。
僕らのレオンは、きっと出てくれる筈。
今度こそ、表彰式で文句無くど真ん中に乗れるように出てくれる筈。
皆勤賞あげたいくらいだ。

ジョナサン・レイはどうだか解らないけれど、レオンハスラムは今度はホンダから出てくれる筈。
ホンダの8耐奪還を目指して。
ホンダファンの皆様は夏を楽しみに待ってよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする