何かしらのキッカケはきっと有る

何にしても、何かしらのキッカケは有るもんだ。

例えばバイクに乗るキッカケ。
例えばピアス穴を空けたキッカケ。
例えば新品のジーンズをわざわざ破ったキッカケ。

何かしらの行動には、何かしらの理由、何かしらのキッカケは存在する。
それが明確に自覚出来る事で有ろうと、思い返してもいまいちピンと来ないような、考えても考えてもサッパリ思い出せないような細かい事で有ろうとも。
きっと何かしらの理由は有ると思う。
きっと何かしらのキッカケは有ると思う。
その行動、その思考、その決断に至った何かしらのキッカケが。

ちなみに私が破ったジーンズを履くのを止めたキッカケは、横浜駅前で片足がモゲて片足半ズボンの悲劇に見舞われたのがキッカケ。
もうジーンズなんて破らないさと、心に誓った苦い思い出。

でも、そもそもジーンズを破り出したキッカケってのがいまいち覚えてない。
物心着いた頃から破ってたような、そんな生まれながらの荒くれ者では無かったので、きっと何かしらのキッカケは有ったんだろうけどね。
良く覚えてない。
良く覚えてないけれど、きっと何か有ったんだろうと思う。
雑誌か映画か、何かしらのキッカケが。
映画と言ってもゾンビ映画では無いとは思うけれどもさ。

一時、実は私にもスカーフ巻いてた時期が有ったのだけど、あれは私が転職してからの事。
転職前は出向先の工場にバイクで行ったりしてたので、勿論スカーフなんて巻いてない。
仮面ライダーじゃ有るまいし。

スーツ着てほぼ口先しか使わない仕事に転職したので、スカーフを巻きだしたのはそれがキッカケ。
なんで巻きだしたのか?
ん、まぁそんな年頃だったんだよって事かな。

取引先に古くからかお馴染みの人が居た。
ある日を境にお洒落なポケットチーフをし始めたのだけど、その人がポケットチーフをしだしたのは部長に成ってから。
課長ではまだちょっと早い。
係長では先輩から給湯室に呼び出しを食らいかねない。
やっぱり部長。
ポケットチーフは部長にこそ似合う。
個人の感想です。

毛を染めるのも、坊主にするのも、モヒカンにするのも、きっと何かしらのキッカケは有る。
そう決断した何かしらの理由が。
それが明確に自覚出来る事で有ろうと、思い返してもいまいちピンと来ないような、考えても考えてもサッパリ思い出せないような細かい出来事で有ろうとも。
きっと何かしらの理由は有ると思う。
きっと何かしらのキッカケは有ると思う。

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

ん、きっと有るんだろうなと、モジャモジャした人と同じく、このモミモミした人にもきっと何かしらのキッカケが有ったんだろうと思う。
ルパンに影響されたとか。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする