水玉だけは勘弁な

Two-stroke engines & eco-fuel: F1 aims to be greener than Formula E

2ストロークエンジンとエコ燃料:F1はフォーミュラEよりも環境に優しいことを目指している。

Formula 1's plan for green and noisy engines: two-stroke hybrids, running on synthetic fuel Photo: Motorsport Images Formula 1 is looking to introduce two-strok...

近い未来、F1は煙吹きながらパンパラパンパラ言う時代が来るのだろうか?

私が最初に乗ったバイクは2スト。
DT50。

YZ80から始まったモトクロッサー生活は、YZ125を経て調子乗ってYZ250なんてのに手を出したら三途の川を越えそうに成りつつYZ125へと回帰。
その後はYZ250F。
4ストに乗り換えてモトクロッサー生活はピリオドを打つ。

市販車では、CRM250や3XVに乗ってた時期も有る。
また、ご存知な方も居るかも知れないが、VJ21Aには結構コアな付き合いをしてた。

持ってただけで、余りに怖すぎてあんまり乗った事の無い市販レーサーのTZ250を含めて、割と2ストには馴染みの有るバイク生活を送ってたのだけど、まぁ今や昔の話だね。
もうそんな事はきっと無い。

Two Stroke Direct Injection

でも、2ストのダイレクトインジェクションってのは確実に研究はされてるので、もしかしたらいずれ、もしかするのかも知れない。
近い未来、もしかすると意外とパンパラ言わせてる時代が再びやってくるのかも知れない。
やっぱりやって来ないかも知れないけれど。

でも、何かの拍子に2ストが復活なんてする暁には、今度こそオイルを撒き散らさないシステムを作ってくれないもんかと、フェリーに乗る際に目の前に居た3MAにジャケットを水玉模様にされた私は、ただただそれだけを切に願うばかりなのだよ。

水玉だけは勘弁な、と。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする