ダカールラリー総合結果 ~ステージ9

ダカールラリー総合結果 ~ステージ9

POS. DRIVE-TEAM MARK-MODEL TIME VARIATION PENALITY
1 9
 RICKY BRABEC
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 31H 59′ 29”    
2 5
 PABLO QUINTANILLA
ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 32H 20′ 22” + 00H 20′ 53”  
3 1
 TOBY PRICE
RED BULL KTM FACTORY TEAM 32H 26′ 12” + 00H 26′ 43” 00H 02′ 00”
4 12
 JOAN BARREDA BORT
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 32H 27′ 45” + 00H 28′ 16”  
5 17
 JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMO
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 32H 28′ 58” + 00H 29′ 29” 00H 01′ 00”
6 2
 MATTHIAS WALKNER
RED BULL KTM FACTORY TEAM 32H 36′ 45” + 00H 37′ 16”  
7 16
 LUCIANO BENAVIDES
RED BULL KTM FACTORY TEAM 32H 40′ 40” + 00H 41′ 11”  
8 22
 FRANCO CAIMI
MONSTER ENERGY YAMAHA RALLY TEAM 33H 20′ 33” + 01H 21′ 04” 00H 05′ 00”
9 59
 SKYLER HOWES
KLYMCIW RACING 33H 23′ 53” + 01H 24′ 24”  
10 19
 STEFAN SVITKO
SLOVNAFT RALLY TEAM 33H 30′ 04” + 01H 30′ 35”  

バイク部門、ステージ8は協議の上キャンセル。

ゴンサルヴェス選手の逝去を悼みステージ8の走行を取りやめ

ダカールラリー2020のステージ7で起きたアクシデントにより、Hero MotoSports Team Rallyのパウロ・ゴンサルヴェス選手が逝去されました。ゴンサルヴェス選手の遺族や知人へ追悼の意を表すため、バイク部門のステージ8は中止されることが発表されました。

ゴンサルヴェス選手の逝去を悼みステージ8の走行を取りやめ

と言う訳で、改めて仕切り直しと成ったステージ9。

トップは変わらずホンダのリッキー・ブラベック。
ステージ9をそつなく走って3分遅れの4位フィニッシュ。

今年は一味違う子、ステージ9を終えてホンダは未だトップを守り抜く。
このまま行けそうな、そんな雰囲気。
何事も無く、バイクも壊れずこのまま行けそうな雰囲気。

昨年覇者、KTMのトビー・プライスはステージ9でちょい詰めしたものの、未だタイム差は26分と、結構辛い展開。
何だかんだで結局上がって来るんでしょ、って思ってたのだけど正直非常に厳しい。
いやぁ....ちょっと無理かも。

次のステージ10は舗装路を含むSS 534kmの今回最長のロングステージ。
KTM勢はこの長い長いステージでもうちょっと詰めておきたい所なんだけど....どうだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする