目標は10戦

開催が延期と成り、代替開催日が未定なMotoGPイベント

5月 17 フランス ルマン
  31 イタリア ムジェロ
6月 7 カタルーニア バレンシア
  21 ドイツ ザクセンリンク

MotoGPの今後の開催予定と、週末の空きスペース

6月 28 オランダ アッセン
7月 5    
  12 フィンランド キュミリンク
  19    
  26    
8月 2    
  9 チェコ ブルノ
  16 オーストリア レッドブルリンク
  23    
  30 イギリス シルバーストーン
9月 6    
  13 サンマリノ ミサノ
  20    
  27(*) アラゴン アラゴン
10月 4(*) タイ ブリーラム
  11    
  18 日本 もてぎ
  25 オーストラリア フィリップアイランド
11月 1 マレーシア セパン
  8    
  15(*) アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
  22(*) アルゼンチン テルマス・デ・リオ・オンド
  29(*) バレンシア リカルドトルモ

(*)日程変更済みのイベント

夏休み期間中の人気観光地のホテルの予約状況みたいだけど、かなりタイトに成ってきたMotoGPの開催スケジュール。

既報の通り、8月31日までドイツは大規模イベントの開催禁止を発表したので、ヨーロッパ各国も概ねその方向で行きそう。
無観客の上、チームの最小人数でのレースを、って話も有るけれども。

今の所、再開は早ければ8月30日のシルバーストーン、もしくは9月13日のサンマリノ。
場合によっては9月27日のアラゴンか、或いはレイニーシュワンツガードナーが走ってた頃以来の、まさかの日本開幕!なんて事も有るかも無いかも。
まぁカタールで既に開幕してるって言えばしてるんだけど。

仮に8月30日のシルバーストーンで開幕したとしても、空いてる週末は4つ。
日本開催なら空いてるのは1つだけ。

ただ、イギリスとサンマリノの間にフランス、サンマリノとアラゴンの間にカタルーニアを挟むのはまだ行けそうだけど、マレーシアとアメリカの間にドイツを挟むのはどう考えても無理が有る。
かと言って、12月にドイツはかなり難しい。
ましてやフィンランドなんてそりゃ無理な話だ。

Marc Marquez – MotoGP Snow Ride – Extended Version

12月のフィンランドGPなんてこんなのに成っちゃう。
トナカイ連れて来い!ってレベル。

最低13戦が必要、と決まってるMotoGPのチャンピオンシップ。
フィンランドから再開出来たらギリ13戦に届くけれど、現実的にはちょっと難しい。
ドルナのボスも、流石に無理やわと言ってる。

従って10戦。
シルバーストーンで開幕してリカルド・トルモで混乱と激動の2020年の大団円を迎える全10戦のシリーズ。
これが現実的かつどうしてもクリアしたい目標か。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする