サンマリノGP FP1

遂に、ちょこっとだけ観客が入った、リミニ2連戦の緒戦=サンマリノGP。

手術したばっかりのクラッチローも出走。
右脛骨骨折(すねの内側の骨)から復帰した病み上がりのバニャイアも、杖をつきながら登場。
だが今回もマルク・マルケスは欠場。
まだもうちょい無理か。

サンマリノGP FP1

POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF LAP MAX
1 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) 1’32.198’00.000s 21/21 290k
2 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) #VALUE! 24/24 289k
3 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) #VALUE! 16/18 292k
4 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) #VALUE! 18/20 294k
5 Bradley Smith GBR Aprilia Gresini (RS-GP) #VALUE! 19/21 293k
6 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) #VALUE! 13/18 291k
7 Jack Miller AUS Pramac Ducati (GP20) #VALUE! 11/17 296k
8 Cal Crutchlow GBR LCR Honda (RC213V) #VALUE! 17/18 295k
9 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM (RC16) #VALUE! 11/19 297k
10 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) #VALUE! 20/20 292k

好調はやはりヤマハ勢。
ビニャーレスとクアルタラロが1&2。
モジャモジャがさらに増量して存在感もさらに増量したモルビデリも好調を維持してたものの、最後に詰め切れずに12番手。
ロッシさんも、まぁボチボチ。

一方、ホームレースのドゥカティは、ジャック・ミラーがトップ10圏内に着けるが、ファクトリーはドヴィさんがマシントラブルがちょい影響したのかいまいち伸び悩み。
ペトルッチに至っては、何処に居るのか解らない始末。

ドゥカティの希望はザルコ。
ビニャーレスの尻を狙っていく作戦でまさかの3番手タイムを出したエスパルお兄ちゃんには負けたものの、ドゥカティ勢トップの4番手タイム。
来期は本当に真っ赤なスーツを着てるかも知れない。

ここはいまいち相性の良く無いホンダ勢。
途中、走りながら何か壊した破壊神様だったが、手術効果が出たのか8番手とグッドリザルト。
期待の我らが中上君も、10番手と希望を繋げる好結果。
FP2に期待しよう。

今回、このコースで明暗が分かれそうなポイントがココ。

最終コーナーのグリーンゾーン。

ここを踏むと予選ではタイムキャンセル、決勝では場合によって1ポジション降格と成る。
ただ、ちょい無理したら簡単に踏んでしまいそうなので、如何に最終コーナーで自制出来るか?
その辺に掛かってるかも。

と言う訳でFP2へ続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする