リミニ2連戦 傾向と対策

アヴィンティア残留が規定路線。

なんて言われてたザルコだけど、ここに来て事態は一転。
バスティアニーニがアヴィンティアに入り、ザルコはプラマックかファクトリーなんて話も上がってきたりしてる状況。
このリミニ2連戦で、今回より怪我から復帰するバニャイアとの成績を見て判断されるとの事。
ザルコには重要な戦いだ。
肩に力が入りすぎて空回りしない事を祈りたい。
なんと言うザルコのミスパターンは勘弁だ。

過去2年間のリミニの成績  FP3
  2018 2019
1 Johann ZARCO (Y) Fabio QUARTARARO (Y)
2 Jack MILLER (D) Maverick VIÑALES (Y)
3 Andrea DOVIZIOSO (D) Pol ESPARGARO (K)
4 Marc MARQUEZ (H) Marc MARQUEZ (H)
5 Cal CRUTCHLOW (H) Franco MORBIDELLI (Y)

過去2年間のリミニの成績  Q2
  2018 2019
1 Jorge LORENZO (D) Maverick VIÑALES (Y)
2 Jack MILLER (D) Pol ESPARGARO (K)
3 Maverick VIÑALES (Y) Fabio QUARTARARO (Y)
4 Andrea DOVIZIOSO (D) Franco MORBIDELLI (Y)
5 Marc MARQUEZ (H) Marc MARQUEZ (H)

過去2年間のリミニの成績  決勝レース
  2018 2019
1 Andrea DOVIZIOSO (D) Marc MARQUEZ (H)
2 Marc MARQUEZ (H) Fabio QUARTARARO (Y)
3 Cal CRUTCHLOW (H) Maverick VIÑALES (Y)
4 Alex RINS (S) Valentino ROSSI (Y)
5 Maverick VIÑALES (Y) Franco MORBIDELLI (Y)

一昨年はいまいちだったが、昨年はヤマハが圧倒的に安定している。
決勝こそマルケスが勝ったものの、全体を通しての安定感ではヤマハ。
順当に行けば、ヘレス2連戦のようなヤマハに取って良い思い出が作られる、かも知れない。

一方、ホンダは少々苦戦。
マルケスでさえもちょっと苦戦するコース。
クラッチローは善戦してるものの、我らが中上君は決勝レースに限ればあんまり良い思い出は無い。
ただ、それでも昨年のFP3では6番手に着けてるので、肩の怪我を克服して以来、存在感をこってりと濃厚にマシマシにしてる今期は、昨年を上回る期待は大いに有る。

目下の目標はつけ麺入り。
ホンダにはいまいち相性が良いとは言えないコースなので、ポールの店長ポジションは現実的にはちょい厳しいが、2列目のバイトチーフポジションは是非とも狙いたい。
2列目なら、スタートさえ決まれば、嬉しい結果に繋がるかも。
我らが中上君の活躍に期待しよう。
そして、ザルコが空回りしない事も。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする