サンマリノGP FP2

SAN MARINO MOTOGP, MISANO – FREE PRACTICE (2) RESULTS
POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF LAP MAX
1 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) 1’32.189s 21/21 288k
2 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.178s 19/21 290k
3 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM (RC16) +0.287s 18/20 295k
4 Iker Lecuona SPA Red Bull KTM Tech3 (RC16)* +0.486s 17/19 291k
5 Valentino Rossi ITA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.543s 20/21 288k
6 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.553s 24/25 291k
7 Danilo Petrucci ITA Ducati Team (GP20) +0.636s 19/20 295k
8 Brad Binder RSA Red Bull KTM (RC16)* +0.731s 13/16 293k
9 Miguel Oliveira POR Red Bull KTM Tech3 (RC16) +0.746s 21/21 296k
10 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) +0.747s 19/19 292k
11 Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP20) +0.756s 19/19 296k
12 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) +0.786s 17/19 290k
13 Alex Rins SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.826s 11/20 293k
14 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) +0.860s 17/18 294k

好調のヤマハ勢に混じり、FP2中盤に調子を上げて来たのはスズキ。
リンスとミルの2人がヤマハ勢に食い込み、そこに一人でもイケる口のエスパルお兄ちゃんが高タイムを記録する。

転倒を喫してタイムが伸び悩んでたものの、終盤に突然ビンダーが突然目を覚ましトップタイムを叩き出すと、上位陣は一気に激動し目まぐるしく入れ替わる。

結果は、クアルタラロとモルビデリのペトロナスコンビが1&2。

KTMのポル、意外とイケるイケル・レクオナのKTMコンビが続く。

ロッシさん&ビニャーレスも仲良く続き、トップ6にヤマハが4台入るグッドリザルト。
色々有ったけど、ヤマハは今回は調子が良い。

ドゥカティ勢トップは7番手のペトルッチ。
ひっそりと一人でトップ10に入る。

期待のザルコは伸び悩んで14番手。
そして大いに期待してる中上君は12番手。
明日は何としてもあと2つ、ポジションを上げたい。

昨年のFP3、トップタイムはクアルタラロの 1’32.081s、2番手はビニャーレスの 1’32.437s。
すでにほぼ昨年のベストタイムくらいは出てるので、上位陣が大幅に詰めるのは難しそう。
一方で、Q2ギリのポジションのライダーはまだ詰めれる余地を残してるので、明日は少々の入れ替えは有りそう。
少なくともミルはもうちょい上げて来ると思う。
FP2では終盤に転倒してタイムアップは果たせなかったが、FP3ではもうちょい上げて来そう。

好調のペトロナスコンビは明日も今の勢いを維持するか?
乱高下のビニャーレスは、安定して上位を維持できるか?
ザルコと中上君は後少し、0.6秒くらい詰める事が出来るだろうか。

明日のFP3をお楽しみに。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする