サンマリノGP WUP

クラッチローの欠場が発表されたサンマリノGP。
決勝レース前のWUPでトップタイムを出したのは!

中上店長、サンマリノに立つ。

世界のモーターサイクル生産の中心で有る日本の期待、そして世界のモーターサイクル界の中心のホンダの期待。
つまり、世界の期待、TAKA NAKAGAMI。
もうこの呼び名もすっかり定着したもんだ。

勿論、WUPはタイムアタック合戦では無いものの、ここでレースペースをちゃんと出せるか?を見極める重要なセッション。
ラスト一周でそれまでトップに立ってた暫定店長のモルビデリに肉薄し、ラストラップで見事にパス。
たまたま何かの拍子に一発タイムが出た訳では無く、安定して好タイムを連発して終われた事はとても好印象だ。

俺が店長だ!と言わんばかりの威風堂々。
5列目スタートからの巻き返しを期待しよう。
スタートさえ決まれば!

SAN MARINO MOTOGP, MISANO – WARM-UP RESULTS
POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF LAP MAX (KM/H)
1 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) 1’32.781s 12/12 295k
2 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.071s 8/13 293k
3 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.076s 13/13 291k
4 Alex Rins SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.143s 6/12 296k
5 Francesco Bagnaia ITA Pramac Ducati (GP20) +0.149s 6/9 298k
6 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.184s 5/12 292k
7 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) +0.228s 6/12 298k
8 Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP20) +0.280s 10/13 301k
9 Alex Marquez SPA Repsol Honda (RC213V)* +0.321s 13/13 297k
10 Miguel Oliveira POR Red Bull KTM Tech3 (RC16) +0.328s 11/11 294k

昨日絶好調だったヤマハは一転、なんか不調の波に襲われた形。

ビニャーレスの乱高下は毎度お馴染みとしても、ロッシさんもいまいち、そしてクアルタラロは左手に何か違和感が有るっぽい。
WUPでコースアウトするくらいだから、何か問題が有るのかも。

でも、それにしても、やっぱり怖いね。
リンスの存在が怖い。
3列目だろうとお構いなしなリンスの存在はやっぱり怖い。
ヤマハ絶好調と言ってたものの、ちょっと暗雲が見えて来たような、そんな雰囲気。

レースは本日21時から。
お見逃し無く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする