そうだ、ヘルメットを買おう

そんな事を言われても、困ってしまうかも知れない。
そんな事を言われても、そんなん知らんがなと言ってしまうかも知れない。
そんな事を言われたら、好きにすりゃイイじゃんと言わざる得ないかも知れない。

でも言ってみる。
ここは私の書くブログなのだから、私の気ままに書いてみる。

ヘルメットを買い換えようかな

なんて事を。
そんな事を言われても、困ってしまうかも知れない。
そんな事を言われても、そんなん知らんがなと言ってしまうかも知れない。
そんな事を言われたら、好きにすりゃイイじゃんと言わざる得ないかも知れない。
の、だけれども、お暇な方はそんなつれない事言わないでちょっとだけお付き合い頂きたいなと。

 

アライ(ARAI) バイクヘルメット オフロード TOUR-CROSS 3 グラスホワイト M 57-58cm

新品価格
¥41,140から
(2020/10/23 10:34時点)

現在、街乗りセローさんに乗る際にはコレを被って乗っている。
アライのツアークロス。
初期のひさしがクネクネしてた時代のモデルからずっとこれで、今使ってるツアークロス3でかれこれ6つ目か7つ目かな。
ともかくやたら買ってるツアークロス。
当初はこのシールド付きエンデューロヘルメット界で先んじてたショウエイのホーネットにはちょい見劣りするかな、って感も有ったのだけど、アライ以外を被ると頭が腐り落ちると幼少期より丁寧に教育されていた私には、これしか選択肢は無かったのだよ。

https://www.arai.co.jp/jpn/arainews/arn_00-91.html

こんな事やってたなぁと、懐かしい思い出。

 

スケバン刑事(2代目)のように、頑ななまでにずっとアライを被り続けてる私なのだけど、実はモトクロス用にはVFX-WRを被ってたりする。
アライのMXシリーズから始まった私のバイク人生は、その後自然とV-CROSSを被るように成ったのだけど、VFXのエッジがビッシビシ効いたあのナイスなデザインに心を鷲づかみにされた私は、つい気の迷いでショウエイと言う名の禁断の果実に手を出して頭を突っ込んでしまったのだ。
アライ神様、この度の私の不徳の致すところ謹んでスマンかった。

土の上ではノーカウントさ、と、日本で豚骨ラーメンを食べるイラン人のように超法規的処置が取られショウエイを被ってる私なのだけど、同じようなヘルメットだからとツアークロスからホーネットへと乗り換えるには至らない。
理由は簡単。
なんか格好悪いから。

VFXの、あのなんかやたらめったらビッシビシしたデザインでシールド付けてくれたら心は大いに惹かれてしまうのだけど、残念ながら現行ホーネットではツアークロスからの乗り換えには至らないのが正直な所。
VFXのシェルにシールドを付けくれたら簡単なんだけど、きっと無責任な民間人が言うほどに簡単じゃ無いんだろうね。
知らんけど。

ちなみに、ツアークロスやホーネットなんかのシールド付きツーリングヘルメットと、VクロスやVFXなんかのモトクロス専用ヘルメットは、似たようなデザインだけどそれぞれ住み分けはキッチリされている。
後者のゴーグル専用ヘルメットを日常で使うのはかなり面倒臭い。
排気ガスで顔が汚れるし、虫は飛び込んで来るし。
ってか、冬は超寒い。

一方、シールド付きは街乗りにはとても快適なんだけど、あれでモトクロスをするとシールドが猛烈に曇るので止めた方が良いと思うな。
心拍数は簡単に100を超えて、息もハァハァと上がってしまうので、シールド付いてたら曇って曇って仕方無い。
林道ツーリング程度ならまだしも、あれでモトクロスコースを気合入れて走るのは止めた方が良いと思うな。

だからシールド付きとゴーグル専用はちゃんと住み分けされるのだ。
ちなみにツアークロスをわざわざゴーグル仕様にして使った事は無い。
素直にVクロス使うわ。

 

と言う訳で、ロード用フルフェイスのRX-7X、モトクロス用のVFX、そしてセロー用にはやっぱりツアークロス。
そらそうよ、そりゃツアークロス一択よ。
と考えては居たのだけど、ここに来てふと良からぬ思いがこんにちわしてきたのだ。

 

と言う話はまた後日に

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY