motoGP 2020シーズン タイトルの行方

MotoGP World Standing 2020PDF

 
Pos.RiderTeamBikeNationPoints
1Joan MIRTeam SUZUKI ECSTARSuzukiSPA137
2Fabio QUARTARAROPetronas Yamaha SRTYamahaFRA123
3Maverick VIÑALESMonster Energy Yamaha MotoGPYamahaSPA118
4Franco MORBIDELLIPetronas Yamaha SRTYamahaITA112
5Andrea DOVIZIOSODucati TeamDucatiITA109
6Alex RINSTeam SUZUKI ECSTARSuzukiSPA105
7Takaaki NAKAGAMILCR Honda IDEMITSUHondaJPN95
8Pol ESPARGARORed Bull KTM Factory RacingKTMSPA90
9Jack MILLERPramac RacingDucatiAUS82
10Miguel OLIVEIRARed Bull KTM Tech 3KTMPOR79
11Danilo PETRUCCIDucati TeamDucatiITA71
12Brad BINDERRed Bull KTM Factory RacingKTMRSA67
13Alex MARQUEZRepsol Honda TeamHondaSPA67
14Johann ZARCOEsponsorama RacingDucatiFRA64
15Valentino ROSSIMonster Energy Yamaha MotoGPYamahaITA58
16Francesco BAGNAIAPramac RacingDucatiITA42
17Iker LECUONARed Bull KTM Tech 3KTMSPA27
18Aleix ESPARGAROAprilia Racing Team GresiniApriliaSPA27
19Cal CRUTCHLOWLCR Honda CASTROLHondaGBR26
20Stefan BRADLRepsol Honda TeamHondaGER12
21Bradley SMITHAprilia Racing Team GresiniApriliaGBR12
22Tito RABATEsponsorama RacingDucatiSPA10
23Michele PIRROPramac Racing*DucatiITA4

Michele PIRROは第4戦オーストリアと第5戦のスティリアに、バニャイアの代役として参戦。

 

3年連続ランキング2位。
マルク・マルケス不在の今期、チャンピオン候補だった最右翼だったドヴィチオーゾさんのコメント。

Aragon MotoGP: Dovi: Without speed you can’t fight, title chances 'almost zero’

タイトルのチャンスは殆どゼロですわ。
との事。

バイクの状態や本人のメンタルの問題はさておき、物理的な問題として現在チャンピオンが獲得出来る可能性が有るのは、ランキング14位のザルコまで。
残り3戦、75ポイントを積み増しして、ミルの137ポイントを上回る事が出来るのはザルコまで。
残念ながら15位のロッシさんは残り3戦に出場して残り全部優勝して、上位陣はみんなノーポイントに終わったとしてもチャンピオンには届かない。

チャンピオンシップ争いは相手が居るので、そのライバルがどれくらいポイントを積んで来るかによって状況は変わってくる。
だが、そんなの無関係に、自分さえ残り3戦に優勝すれば勝てる、つまりミルが残り2位でも自分が全て優勝すればタイトルが自力で獲得出来るライダーは何人居るだろうかと計算してみると....
現在のミルの137ポイントに、残り3戦を2位で終えた場合は最終的に197ポイントと成る。
残り全部勝って75ポイントを積み増して、その197ポイントに並ぶライダーは、実はクアルタラロただ一人だったりする。
123ポイント+75ポイント=198ポイント。
したがって、クアルタラロが残り全部勝てば、ミルが全部2位でも1ポイント上回ってチャンピオンが獲れる。
可能性としては....どうだろう。

ちなみに昨年のリカルド・トルモは、初日からFP3~Q2まで全てクアルタラロがトップ。
レースはマルケスにしてやられが、リカルド・トルモとの相性は抜群だ。
ミルに関しては、昨年の成績はあんまり参考には成らないので良く解らないけれども。

昨年の再現とばかりにクアルタラロが初日からブリブリ飛ばして2連戦のレースを制すると解らなく成る。
一方で、調子を崩したら一気に決まりかねない、そんな諸刃の剣。
それがリカルド・トルモ2連戦。

 

ちなみに現在109ポイントのドヴィチオーゾは、残り3つを優勝しても184ポイント。
数字の上では現在のポイント差は28ポイントと大した差では無いのだけど、ミルのベテランライダーのようなド安定ぶりと、どう逆立ちしても勝てそうに無い現在のドゥカティと、そしてMoto3ライダーのように乱れるメンタルのドヴィさん本人を見ると....
殆どゼロですわ、と言う本人のコメントに掛ける否定する言葉は何も出てこないのが現実問題。
もはや、スマンかった、としか発する事は出来やしない。

 

そんな2020シーズンもいよいよフィナーレ。
再来週から始まるリカルド・トルモ2連戦と、最終戦のポルトガルをお楽しみに。
ポルトガルにはマルク・マルケスが復活....かどうかは、どうだろう。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY