スポンサーリンク

レイ、まさかの失速 SBKアラゴンラウンド スーパーポール

1. Alvaro Bautista ESP Aruba.it Racing – Ducati 1m 49.049s 9 laps

2. Sandro Cortese GER GRT Yamaha 1m 49.414s 7 laps

3. Tom Sykes GBR BMW WorldSBK Team 1m 49.557s 7 laps

4. Alex Lowes GBR Pata Yamaha 1m 49.563s 6 laps

5. Michael Ruben Rinaldi ITA Barni Racing Team Ducati 1m 49.689s 5 laps

6. Eugene Laverty IRE Team Go Eleven Ducati 1m 49.722s 9 laps

7. Markus Reiterberger GER BMW WorldSBK Team 1m 49.779s 8 laps

8. Chaz Davies GBR Aruba.it Racing – Ducati 1m 49.970s 8 laps

9. Jordi Torres ESP Team Pedercini Racing Kawasaki 1m 50.984s 7 laps

10. Jonathan Rea GBR Kawasaki Racing Team 1m 50.013s 8 laps

https://www.crash.net/wsbk/results/917263/1/aragon-superpole-results

 

 

ジョナサン・レイ、まさかの10番グリッド。
しかもタイムはバウティスタから1秒落ちの絶望の展開。
程無く始まるレース1が大いに心配だ。

一方、トム・サイクスはここまで好調。
問題はここからも好調なのかどうなのか?って所。

同じくここまで今回絶好調なサンドロ・コルテセ。
何セヤマハ勢トップタイム。
問題はこれからだよ、これから。

 

 

去年までも1位は決まってたけれど、今年は今年で再び1位が決まってるかの様相のSBK。
もしかしてこのままバウティスタが全部勝ってしまうのか?
全13ラウンドx3レースの39レース全てに勝ってしまうのか?
それはそれで楽しみな気がしないでも無いので、今回もまぁきっと勝つよねなバウティスタの走りを期待しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする