オーストリアGP FP1

なんと言うザルコのミス!により、折角の優勝のチャンスを失ったシルバーストーンから2週間。
今回は、オーストリアのレッドブルリンクが舞台。

レッドブルリンクと言えば、悪気はないのについやらかしてしまうザルコによるモルビデリミサイル事件として有名な場所。

その後、3コーナー手前にバリアが作られたりとミサイル対策が成されたが、3コーナーの進入速度が高すぎる問題を解決する為、2コーナーにシケインが設けられる事と成った。

https://jp.motorsport.com/motogp/news/red-bull-ring-unveils-new-chicane-for-motogp-layout/9451614/

 

鈴鹿のMuSASHiシケインのように、二輪専用と成るシケインがこれ。
カックカクですわ。
カックカク。
カックカクしたレイアウトを信条としてるデザイナーが作ると、ただでさえカクカクしがちなシケインは、そらもうすっごいカックカクに。
でも、このタイトなスペースに上手い事詰め込んだもんだと思う。

これにより2コーナーでの超高速クラッシュも、3コーナーの同じく超高速での進入リスクも抑えられる。
ただ、鈴鹿のシケインのように、安全の為に設けられた筈のそれ自体が別の大きなリスクにも成り得るので、安全に機能する事を願いたいね。
スズカ程に壁が間近じゃないのせよ。
....いや、ここのも結構近いかも。

 

 

FP1は、尾翼の生えたジャックミラーが絶好調。
ミスなんて繰り返さないと何度だって誓うザルコが2番手。
未だ不透明なミルとマルティンが上位に進出する中、まさかのドヴィさんが10番手と好スタートを切る。
今回のオーストリアGPは雨が懸念されてるので、ドライのFP1で10番手に入る事はとても重要なのだ。

エスパルお兄ちゃんは、足の具合を様子見なのか、アプリリアにはいまいちなのか17番手。
復活の兆しの見えつつ有るモルビデリだが、今の所は無念のスマンかったに終わる。

てな具合にFP2に続く。
雨が降りませぬようにと願いながら。

MOTOR CYCLE

Posted by tommy