アラゴンGP 初日

アウグスト・フェルナンデスのテック3KTMへの加入が発表され、来季のシートが全部埋まったMotoGP。
ダリン・ビンダーはmoto2へ、レミー・ガードナーはSBKへと、こちらも新天地は決定したので、あとはそれぞれのテーマで残りを戦う事と成る。

ある人は個人のタイトル争い。
ある人はチームタイトル争い。
ある人は来季に向けて。
ある人は思い出作りの為と、それぞれのテーマで戦うアラゴンGPは、アラゴンらしいとても良い天気で開幕。

 

復活のマルケスと共に、やはりここでも話題の中心はアプリリア。
一時期は五条悟みたいな頭をしてたエスパルお兄ちゃんは、チャンピオンシップに向けてもう一段階気合を入れるためか丸坊主仕様に
そして、同じくアプリリアのビニャーレスも好調を維持。
名実ともにトップチームと成ったアプリリアファクトリー。
後は表彰台のてっぺんに立つだけ。
準備は出来てるさ。

 

初日結果。

復活のMはラストアタックでミスって8番手。
マルケスが8番手っていまいちって気もするけれど、欠場明けでいきなり初日8番手ってやっぱ凄いよねこの人は。

無事に契約を更新した我らが中上君は残念ながら11番手。
転倒が響いたのかエスパルお兄ちゃんは13番手で初日を終える。
だが、タイム差は現状では殆どないので、明日のFP3は0.05秒が大きな差と成りそう。
そんな熾烈な戦い。

今回より引退したドビさんの代役参戦するクラッチローは19番手と、まずますの初日。
今後どこまで上がれるか、そもそも上がる気は有るのか?
その辺は未知数だけども、19番手はまずまずのスタートと言えそう。

 

そんなこんなで明日へ続く

MOTOR CYCLE

Posted by tommy