ミラーマンは雨の中光り輝く

 

1022jack

ウェットコンディションで行われたオーストラリアGP、予選出走セッションを決めるFP3。
トップのマルケスに肉薄する2位に着けたのはジャックミラー。
雨男ジャックミラーの光り輝く熱い走り。

割とカラッカラなオーストラリア出身に関わらず、相変わらず雨には強い。
地元開催だけに気合も十分だ。
まぁ、地元と言っても出身地のタウンズビルからレースが開催されるメルボルンとは、2600kmも離れてるんだけどね。
日本で言えば、稚内の先っちょから鹿児島の先っちょくらいの距離。
....デカいよ。
オーストラリアってデカいよ。

これまで雨の日に苦戦が続いてたエスパル兄ちゃんは大健闘の3位。
この期に及んで、やっとレインセッティングに光明が?
もはや遅すぎる気がしないでも無いけれど。

二人はプリキュアな弟ポルは相変わらずお兄ちゃんにべったりくっついて4位、ちゃっかりドヴィさんはここでもちゃっかり5位に着ける抜け目無い走り。
もう一人の雨男=スコット・レディングが後に続き、来期はチームメイトなブラドルと期待のニッキー・ヘイデンがそれに続く。

ビニャーレス11位、初日2位だったものの規定走行周回違反(レインタイヤで10周までしか走っちゃダメなのに11周周ったペナルティ)を食らって初日タイムが取り消されたロッシさんはまさかの12位と仲良くQ1落ち。
そして、アンパンマンのごとく顔が濡れると力が出ないロレンソは、ラバトの後、つまり最下位の成績。
謎のMike Jonesよりも遅いタイム。
がんばれロレパンマン。

あ、ちなみにイアンノーネの代役でファクトリーから走ってるバルベラさんの代役の謎のMike Jonesさんは、ASBK – Australian Superbike Championshipの昨年王者。
そこらの人を適当に連れてきた訳では無い。
地元オーストラリアの王者だ。
今年はドゥカティからASBKに出てるみたい。

なお、Mike Jonesで画像検索したら
mike-grill2

この人が出てきたけど、多分別人だ。
こんなの居たらチビるわ。

と言う訳で、日本時間で13:10~開催予定のMotoGPクラス予選。

ジャックミラーの雨乞いvsロレンソのてるてる坊主の戦い。
天はどちらに微笑むのか?

boz

今回のスズキはどちらを願ってるのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする