チェーンのメンテはオイルしか使いたくない

 

ここ最近って訳でも無いけれど、チェーンのメンテはほぼオイルで済ませている。

オイルで掃除し、オイルで潤滑し、オイルで防錆する。
チェーンのメンテの全てはオイルで完結する。

 

0924ch1

流石にチェーン掃除する度にスイングアームを外したり、って程にマメではないけれども。
どのみち私のバイクはセロー以外はスイングアームを分解した所でチェーンは外れないしね。
スイングアームから抜けないので、そんな所を分解したら余計に面倒臭い。
かと言って流石に掃除の度にチェーン切るのは遠慮したいけど。

でもチェーンが外せる機会が有れば、チェーンを外して綺麗に拭いてやるのが良さそうだ。
オイルを挿すのもやり易いしね。

 

 

モーターサイクル用チェーンの潤滑には、オイルが良いかグリースが良いか専用のチェーンルブが良いか。
これは私がバイクに乗りだした頃から紆余曲折してた課題。
流石にCRC5-56をスプレーするような暴挙には出なかったけれども、あれこれと変遷を繰り広げてきた。
エンジンオイルに自動車用のギアオイル、リチウムグリースを使った事も有るしチェーンソウオイルを使った事も有る。
勿論チェーンルブはズルズルの鼻汁タイプも白い鼻糞タイプも両方使った。

モトクロッサーも有れば街乗りバイクや通学バイクも有れば、ただひたすら眺めるだけのバイクなんてのも。
排気量も走行ステージも目的も違えばチェーンに対するメンテナンス手法もおのずと違ってくる訳だ。
ドライのアスファルトしか走らないバイクと、雨のモトクロスコースをも走るバイクとではそりゃ違って当たり前って話だね。

で、ここ最近はセローもR1もハヤブサもチェーンにはエンジンオイル。
これが今現在の私が考えるベストチョイス。
あくまで私が考えてるだけで、意見の異なる方は自分の意見を貫いて頂ければ結構だ。
他の人に私の行動をとやかく言われる筋合いが無いのと同じく、他の人の行動を私がとやかく言う筋合いなんて無いのだから。
お好きなようにどうぞ。

 

オイルを使うメリットとして挙げられるのは、やはり掃除のし易さ。
これに尽きる。
チェーンは勿論、ドライブスプロケット周りの汚れ方はチェーンルブとは圧倒的に違う。
コールタールみたいに成ってしまうギットギトでベッタベタなあの汚れは無縁。
石炭みたいなアレとはもうお別れだ。

デメリットは、ご想像通りに耐久性。
シールチェーンへの潤滑の必要性については意見は色々と有るだろうけど、シールされたリンク部分はともかくローラー部分はやっぱり潤滑は必要だろうとは思う。
そのローラー部分の潤滑には、エンジンオイルではその寿命に少々の不安が有る。
特に雨の日でも走らざるを得ない通勤通学バイクなら、素直に専用のチェーンルブを使うのが真っ当な選択だろう。
結局、チェーンの潤滑にはチェーンメーカーが出してるチェーン専用潤滑剤に勝るモノなんて無いのだから。
例え鼻汁のようにズルズルしてようと、例え石炭のように黒く、あるいは恥ずかしい垢のように白くこびり着こうとも。
結局の所はチェーンの潤滑にはチェーンメーカーが出してるチェーン専用潤滑剤に勝るモノなんて無いのだから。

 

基本的に雨の日は乗らない私のバイクのチェーンにはエンジンオイル。
時折山奥に連れ込まれて悪いおじさんに悪戯される可愛そうなセローの場合はその度にチェーンルブ。
ここ最近はこんな使い分け。

なおメンテンス頻度は、現在の私の使い方では月に1~2回程。
余り汚れて無きゃウエスで拭くだけ。
そこそこ汚れていたらオイルをつけてウエスで拭く。
その後、1駒ずつオイルを1滴ずつ垂らして、2周程ホイールを回してオイルを馴染ませたらウエスで綺麗に拭きつつプレートにもオイルを塗り広げる。
とても簡単。
チェーンルブなら掃除が大変だけど、エンジンオイルを使ってたら非常に簡単。
その分耐久性が無いって事なんだけど。

 

こんな感じにウエス1枚と余ったエンジンオイルだけで割と適当にやっても十分に綺麗な状態を維持してくれる。
クリーナーは勿論、灯油すらも使わない。
この楽さを知れば、当面はチェーンルブには戻れそうに無い。
ズボラな人は止めた方がイイと思うけれどね。
素直にチェーンルブ使ってた方が良いと。

あ、ちなみにリングに対するエンジンオイルの影響はほぼ問題無いと思う。
シンナーぶっかけるならともかく、エンジンオイルをちょっと差す程度じゃ何とも無い。

 

当分はチェーンルブには戻れそうに無く戻りたくも無いのだけど、流石に山奥深くに連れ込まれて鬼畜外道なおじさんに悪戯される時には大事な所はしっかりとズルズルさせておきたいので、やはりそんな時はチェーンルブに頼るしか成さそうなのがちょっと嫌。
出来る事ならエンジンオイルで済ませたいけれど、流石にダートで使うにはちょっと心もとないか。

後の掃除がちょっと嫌だなぁと思いつつ、近日中に山奥に連れ込まれて悪戯される予定のセローにチェーンルブ(鼻汁タイプ)をジュブジュブと恥ずかしい音させながら注油する私。
結局、チェーンの潤滑にはチェーンメーカーが出してるチェーン専用潤滑剤に勝るモノなんて無いんだよねと、後にやって来る面倒なチェーンルブ掃除の事を半ば諦めながら。