スポンサーリンク

もはや戦後ではないが、既に終戦かも知れないWSBK

 

WorldSBK 弟3戦アラゴン。

0401arag

FP2を終わった段階で、トップは無敵王者のジョナサン・レイ。
タイムは、2位のメランドリより0.1秒速い1’50.062。
もはやジョナサンを誰にも止められない。

昨年のSuperpole 2ではトップタイムのトム・サイクスは49秒台に入れてきたので、本日の昼前(現地時間)~行われるSuperpole 2では、確実に49秒台、場合によれば48秒台も狙ってくるかも知れない。
ちなみに昨年のMotoGP、アラゴンでのQ2のタイムは、ポールのマルケスが1’47.117、11位のポルが1’48.448。
Q1の6位のユージーン・ラバティは1’49.052。
何処まで昨年のMotoGPのタイムに迫れるだろう?

前にもちょろっと書いたけれど、SBKはSuperpoleでもランキング争いを行っている。
Superpole Awardと呼ばれる。
SUPERPOLE Rankingと銘打っていた頃はポール獲得回数での争いだったが、2014年からは1位~15位までのポイント制と変更された。

あ、Superpoleってのは、要するに予選の事だ。
ちょっと格好イイ名前で呼びたかったんだ。
ややこしくてごめんね。

で、現在、第二戦を終えた段階でのスーパーポールランキング(上位5名)は以下のとおり

オーストラリア タイ 獲得ポイント
1 ジョナサン・レイ(カワサキ) 1位(25pt) 1位(25pt) 50pt
2 トム・サイクス(カワサキ) 2位(20pt) 2位(20pt) 40pt
3 マルコ・メランドリ(ドゥカティ) 3位(16pt) 3位(16pt) 32pt
4 アレックス・ロウス(ヤマハ) 5位(11pt) 4位(13pt) 24pt
5 チャズ・デイビス(ドゥカティ) 4位(13pt) 5位(11pt) 24pt

こんな具合にジョナサン・レイが開幕から2戦連続でポールポジションを取り、合計50ptで堂々のトップ。
今日もポールを取りそうな勢いなので、このまま行けばさらに25ptが加算される事と成りそうな気配。

これまでレース結果は以下のとおり

オーストラリア(レース1) オーストラリア(レース2) タイ(レース1) タイ(レース2) 獲得ポイント
1 ジョナサン・レイ(カワサキ) 1位(25pt) 1位(25pt) 1位(25pt) 1位(25pt) 100pt
2 チャズ・デイビス(ドゥカティ) 2位(20pt) 2位(20pt) 2位(20pt) 6位(10pt) 70pt
3 トム・サイクス(カワサキ) 3位(16pt) 6位(10pt) 3位(16pt) 2位(20pt) 62pt
4 アレックス・ロウス(ヤマハ) 4位(13pt) 4位(13pt) 6位(10pt) 4位(13pt) 49pt
5 マルコ・メランドリ(ドゥカティ) リタイヤ 3位(16pt) 4位(13pt) 3位(16pt) 45pt

SBKは1開催で2度レースを行う。
オーストラリアとタイの2開催で4度のレースが既に終わってる現状って訳だ。

トップはジョナサン・レイ。
無傷の4連勝で100pt
2位のチャズ・デイビスには既に30ptも差が着いてる、ドゥカティフアンには悲劇的な惨状。

2013年、2016年の2度、アラゴンでは2レース優勝を果たした、デイビス得意のアラゴン。
ここらで巻き返すか、それとも本当に早くも終戦を迎えてしまうのだろうか?

そんなSBKは本日開催。
結果は、またJ-SPORTSの放送まで、ぐっと、ぐっと、ぐぐぐっと辛抱して見ないようにしようと心に誓ってる。
絶対、放送より先走ってネットで結果だけど見るもんか!と。
04月03日 (月) 午後10:00~の放送より前に、結果だけを先走って調べるもんかと。

デイビスと共に、私も戦い、そして抗うのだ。

のリンクを月曜の夜までクリックしない、その誘惑にと戦い、そして抗うのだ。
がんばれデイビス。
そしてアタシ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする