二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

MotoGP 2018年モデルのカウルはどうなる?

   

 

s_brno-test3

オフィシャルテストで披露されたニューカウル。
流石はヤマハ。
テストモデルでも完成度は高い。
結構格好イイ。

これが高評価を得られたならば、来期はこのデザインがお披露目する、かも知れない。

 

今期は既にノーマルカウルと、このサイドがもっこりしたタイプ↓

0217yamaha

の2パターンを投入してるので、上のカウルは来期にお預け、だと思う。
アッパーだけの変更なら可能なのかも知れないけれど。

その辺りの細かいレギュレーションは良く解らないので、次のオーストリア以降で投入されたらそう言う事なんだなって思えばイイんじゃ無いかと適当な事書いてみる。
アッパーだけの変更はオッケーなのねと。
だって.....そんな細かい話知らんわ。

 

アプリリアも色々と試行錯誤してるみたい。

s_41-aleix-espargaro-esp_8079944.gallery_full_top_lg

s_22-sam-lowes-eng-motogp_8079950.gallery_full_top_lg

上がノーマル、下がニュータイプ。
エアインテークっぽいのは、きっと空力的に何かの意味合いが有る口なんだろうと思う。
エアインテークは3つも要らないので、きっとそう言う事なんだろう。

 

ともかく、来期以降に向けてエアロダイナミクス方面の開発が進められるのは間違い無い。
現在ヌルヌルしたスズキも、きっと何かしらの手は打ってくるだろう。
そして、ドゥカティもまた我慢すること無くさらにエアロを突き詰めて行くだろう。
我慢なんて知らないドゥカティは、レギュレーションで許されるなら何だって進めて行く事だろう。

来期のマシンが楽しみで有り、ちょっと不安だったりもする。
あんまりエグい形もちょっとね。
F1みたいに成るのはちょっとね。
https://f1-gate.com/f1car/f1_34922.html

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE