スポンサーリンク

4気筒にはロマンが4倍詰まっている

 

4気筒が好きだ。
好きだ、って言うか、私の乗ってきたオフ車を除く4ストバイクの多くは4気筒だったりする。

免許取った最初がCBR250R。
ただで貰ったCBR250R。
前に何度か書いた88年式だったか89年式だったかの、SP250Fってレースに使ってたバイク。
ただで貰ったと言っても、腰下までバラバラに分解されてた状態だったのだけど。

このバイクは免許取った16歳当時、ちょっとだけお手伝いしてたバイク屋の店長がレストアしようとしてたバイク。
レースで使ってたCBRを分解したけれど、面倒くさく成ったのでそのまま放置してたバイク...って言う要するにガラクタ。
YZ80しか知らない身には4気筒カムギアトレインのCBR250の組み立ては困難を極めたけれど、まぁ色んな人の手と知識と工具を借りながらもどうにか組み立て、それで無事に公道デビューを果たしたのだ。
カウルとタンクの色は違ってたけど、まぁ瑣末な事は気にしない。

その後、FZ750に乗り、R1に乗り、CBR1000RRに乗り、ZX10Rに乗り、またR1に乗り、そして最近はハヤブサ。
セローやYZ250Fのトレールやモトクロッサー、或いCRM250やTZRなんかの2ストを除けば、私の人生におけるロード用4ストバイクはほぼ直4だったりする。

例外は結婚記念に買ったドゥカティ996。
こちらは勿論Lツインだけど、殆ど走ってないので結局は4気筒人生を歩んでる事に大した差は無い。
殆ど走ってない、って言うかポジションがキツくて余りに暴力的なのでまともに乗れなかったって話なんだけど。
ってか、怖かった。
結婚記念とばかりにテンション上げて買ったは良いけど、乗ったらとても怖かった。
結婚記念に買ったけど直ぐに葬式挙げそうですわってレベル。

そんな訳で、現在は我が家のリビングのオブジェに成ってる。
大して広く無い家の中に1000ccのバイク置いたらまぁまぁ邪魔だけど、他に大して何も置いてない我が家なので取り合えずは小指をぶつけたり、なんて事は今の所は無い。

 

バイクはやはり4気筒が良いと思う。
125ccで4気筒なんてのはただの悪ふざけが過ぎるだけな気はするけれど、250cc以上のロード用スポーツバイクならやっぱ4気筒が良いと思う。

249ccなら1気筒当たり62.25cc。
現実的に十分アリな数字だろうと思う。
RC148(125cc-5気筒)や、その対極に位置するスズキの怪鳥等は少々一般的な範疇から逸脱したサイズのピストンだろうけど、1気筒当たり62.25ccの排気量は現実的に十分アリな数字だろうと思う。

そんな250ccの4気筒を、カワサキがニンジャ250の4気筒バージョンを出すかもよ?
なんてニュース、と言うか噂も有ったけれど、実際には....どうなんだろうね。
現行2気筒の倍売れるなら頑張って作るだろうけど、現実的にはどうなんだろうか。
損益を考えたらどうなんだろうね。

果たして作るのか、作らないのか、それとももう作ってるのか....
さて。

今の所、多くのメーカーでは250ccは2気筒で十分だとの判断。
レースでのレギュレーションは抜きにしても、250ccなら2気筒で十分だろうと、そんな賢明な判断。
ん、実際単気筒で事足りる排気量なのだから、それが賢明な判断って奴だ。

ただ、○○で十分だとか現実的だとか□□は無駄だとか、そう言う類の話はバイクの場合は中々に困った事に成ってしまう。
ってのも突き詰めればバイクなんて大体は無駄な乗り物なので、アドレスV125等の幾つかの車種以外は大体は無駄に成ってしまう訳だ。
バイクは単気筒のセローで十分だよって事を言った所で、田んぼにでも落ちない限りほぼ舗装道路しか走らないセロー自体が無駄な事に違いはないので、○○で十分論なんて言い出したら厄介な方向へと話は帰結してしまうので注意が必要だ。
ハヤブサやR1に乗ってる人間が、250ccは2気筒で十分だよ、4気筒なんて意味無いよ、なんて言うのは自分で自分の首を絞めかねい、自分で自分の乳首を引きちぎりかねない台詞と成りえるので注意が必要だ。

 

今時そんなのナンセンスなんだろうと思う。
今時CBR250のピストンの数をあーだこーだ言うのなんて。
平成も終わり、来年には日本でビッグイベントが開催される2020年。
新日本プロレス東京ドーム2デイズ!と言う世界を揺るがすビッグイベントが開催される2020年。
事実上、1990年代半ばまでに進化の歩みを止めた4スト250ccのバイクのピストンの数があーだのこーだの言うのなんて時代錯誤な話なんだろうと思う。

それは甚だごもっとも、ぐうの音も出ない程にごもっともなお話なのだけど、ロマンが有ればイイんだよ、ロマンが有れば!
と言う訳で、何となく内燃機関の終焉も見えつつ有るようなこのご時勢だけど、難しい事はともかくカワサキには頑張って欲しいなと、そう願うばかりだ。
直4クォーターの復活を。

果たして作るのか、作らないのか、それとももう作ってるのか、については....どうなんだろうね。

本来スズキがそのポジションで、実際に開拓してきた実績もあるのだけど、今の大地に足をどっしりと着けちゃった、と言うかガンタンクみたいに大地に座り込んだスズキにそれを求めるのは難しそう。
GS250FWやRGΓを作って来たスズキは遠い昔の姿なのだから。

あ、ちなみに

Benelli/Honda Quattro start up 1.AVI

世界初の市販4スト6気筒は同じくBenelli 750Sei。
Sei=6の名が示すように、ピストンが6つ有る。

そして同じく世界初の市販4スト250cc4気筒はまたしてもBenelli。
砂漠でパスタを茹でてるのかどうかは知らないけれど、イタリアの工業レベルが非常に高いのは、別に今更どうこう言う話でも無いだろう。
そんなイタリアのBenelliが作ったのがこのQuattro250。

250cc水冷直4のパイオニアはスズキのGS250FWだけど、市販にこぎつけた4スト250cc4気筒はこの空冷のBenelliがパイオニア。
Quattroの名の通り、ピストンは4つだ。
それ以上でもそれ以下でも無い。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする