スポンサーリンク

相性が悪い

 

ジェイが不憫だ。
凱旋した日のジェリコと言い、折角勝った今日は乱闘ショーからの飯伏と言い。
ジェイが不憫だ。
もう既にみんな既に忘れてる気がする。
ジェイがメインイベントで勝ってベルト獲ったんだよって事は。
嗚呼、ジェイが不憫だ。
折角あんなにナイスバディにムッキムキに成ったのに。
ジェイ・ホワイトが不憫で成らない。

バイクに乗りたい!

って親に言ったら、大体の場合は反対される。
時に頭ごなしに、時に淡々と。
形はそれぞれ有るだろうけど大体は反対されるのは何処の家庭でも似たようなものだと思う。
せっかく16歳を迎えて免許が取得出来る年齢に成っても大体は反対される。
せっかくベルトを獲ったのに放ったらかしにされるジェイ・ホワイトのように不憫だけど、16歳で免許取れるよと言っても大体は反対される。

私の場合、兄がバイク乗ってた事も有り、そして中学生の頃からモトクロッサーに乗ってた事も有り、16歳で免許取る時も別に反対はされなかったのだけど、親からしたら色々と思いはあったろうとは思う。
大体は放任はされてたけれど、ジェイ・ホワイトのように完全に放ったらかしにされてた訳じゃ無いので、親からしたら色々思う事は有ったろうとは思う。
多分ね。

 

親と子とバイクとの相性。

例えば、両親がバイク乗ってたら、その子供がバイクに乗る際の敷居は随分低いと思う。
相性は抜群だ。
場合によっちゃ、乗りたくないのに乗せられる、なんて場合も有るかも知れない。

だが、親がバイクに対して否定的な場合。
それも激しい拒否感を持つ親ならば、その敷居は非常に高くなる。
実質無理。
大人になって独立した後で無きゃ無理だ。

私の周囲に一人、凄くバイクと相性の悪い親を持つ若者が居る。
知り合いの知り合いってレベルの、数える程度しか顔を合わせた事の無い人間関係の人なのだが、ハッキリ言って余りに相性が悪くてバイク乗るのは無理だって人が居る。
具体的には、まぁアレとして....

バイクとは非常に相性の悪い職業の親。
具体的には....まぁ具体的にはご自由に思い浮かべて頂けりゃ結構なのだけど、ともかくご両親がバイクとは非常に相性が悪いって若者が居る
ともかく、相性が悪い。
可愛いわが子がバイク乗りたいと言い出しても、断固拒否されるのもやむを得ないだろう。
謝罪した時点で話は終わりと考える国民と、謝罪された時点から新たな話が始まる国民との話し合いくらいに相性が悪い。
アナタにはゴールでも私にはスタートなのよ、って位に相性が悪い。
ともかくアレだ。
相性が悪い。
少なくとも学生の身分の現在は、相性悪すぎてバイク乗るのはちょっと難しい。
バイクは大人に成ってから。

そんな若者とやり取りしたのは昨年末頃の事。
どうやらバイトで金貯めたのでバイクを買う事に決めたらしい。
バイクと相性の悪い親を説得したのか?
大人に成ってから、と思いきや親の説得に成功したのかい?
と思ったら、バイクはバイクでもロードバイク。
モーターサイクルは諦めて、どうやら自転車乗りへとステップチェンジしたらしい。
...自転車っすか。

流石にモーターサイクルとは相性の悪い親も、自転車までは止めさせる訳には行かないのだろう。
幾ら学生と言えど、そこまで縛り付けるってのは酷って話だ。

程ほどなら健康にも良いし、程ほどなら経済的だし、程ほどなら安全だし、そして程ほどに健全だし。
と言うわけで、ヤフオクに出そうかとか言ってたそこそこイイ値段するバイクが余ってたので、この若者の下へと旅立つ事と成った。
まぁまぁお求め易いお値段で。

一通りメンテと消耗品の交換を済ませて発送を済ませた本日の事。
ただ、自転車発送ってモノが大きいだけに中々大変で...って、その辺はまた機会が有れば。
2~3日もすれば、モーターサイクルとは相性の悪い親を持つこの若者も晴れてロードバイク乗りと成るのだが、難点は、年間の1/4は雪に埋まってて、山ばっかりな所に住んでるのによりによってエアロロードなんか買っちゃったって所。
その気候とその地形は自転車と、そしてエアロロードとは相性が悪い気はしないでも無い。
今更な話だけど。
だって山用バイクなんて余ってないから仕方ない。

pic_P5X 3_4 DS WB

まぁこれほど山と相性が悪い訳では無いのだけど。
と言うかTTバイクなんて余ってる訳無い。

ともかく、アレだ。
相性が悪い。
雪深い山にエアロロードはとても相性が悪い。

そして...ジェイ・ホワイトは不憫だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする