二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

チューブトレーニング

   

ご近所さんに一人、最近ロードバイクに乗り始めた人が居る。

二十代半ばの独身女性。
何かしらのキッカケにより自転車に乗り始めたみたい。
ロードバイクに。

彼女の懸念はメカトラブル。
ふいの故障にどうしたら良いかと、それが大きな心配事なのだとか。

日常のメンテナンスについては、購入した自転車店で面倒見てもらってるようなので問題は無いのだが、出先でのトラブルでは流石に出張修理なんてしてくれないので、有る程度は自分でどうにかせねば成らない訳だ。
有る程度は。

幸いにして、今の所は紀伊半島のど真ん中の大台ケ原や、四国の四万十川を目指す程に理解不能なレベルでは無い。
最大でも往復100Km圏内の、最悪の場合でもまだ家族や知人に車で迎えに来て貰える行動範囲なのだが、やはり出来ればそんな面倒ごとは遠慮したい。
フレームが折れたとかディレイラーがモゲたとか、そんなどうしようもない事ならともかく、その場でチャッチャと直せる程度なら自力でどうにかしたい。
大人なんだから、自分の面倒は自分でみるべきだ。
いくら内股でモジモジしてたら誰かが助けてくれるような妙齢な独身女性と言えども。

と言う訳で、そのご近所さんを招いてパンク修理の練習を我が家でやってたのだ。
流石にパンク修理、と言うかチューブ交換くらいは出来ないと、ロードバイク乗るには不安が一杯だから。
そうそうパンクなんてするもんじゃ無いんだけど、やっぱ自分で出来ない訳にはやっぱ行かんよね。
そんなチューブトレーニング。
やれば出来るさ、きっと出来るさ。
元気が有れば何だって出来るさとイノキも言ってた。

イケアの家具組み立てが、人生において最も難しい作業だったと言う彼女。
リヤタイヤを外す事に四苦八苦しながらもどうにかこうにか自力でチューブ交換出来るように成れたので、その気に成れば何だって出来るもんだと思う。
携帯ポンプでの空気入れはちょっと苦手そうだけど、これも慣れ次第で有る程度は入れれるように成るだろう。
後は気合よ。
大体何だって最後は気合よ、気合。
アニマル浜口も言ってたし。

でも、流石にパッチを貼ってのパンク修理までは練習するのは難しい。
だからパンクしたら出先でチューブ交換して、パンク修理自体に関してはそれで練習しょうって事に。
練習の為にと無傷のチューブに針刺してパンクさせるのは、やっぱりちょっと気が引けるわ。

1006mic

MICHELIN: エアストップ チューブ2個セット 700×18/23C(バルブ長40mm)

新品価格
¥1,199から
(2016/10/6 11:09時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - Bicycle