スポンサーリンク

ジロはいよいよ動き出す、かも知れない

 

2017ジロ・デ・イタリア。
本日は移動の為の休息日。

いよいよ明日のエトナ山ステージから、総合争い勢が顔を出してくる、と言われている。
スプリンター勢のマリア・ローザももう終わり。
グライペルにはもう一日だけピンク着て欲しかった気もしつつ。
ニーヴァリ、キンタナ、クラウスヴァイク、ランダ、ピノあたりの総合争い勢力。
この辺りの、ピンク色のジャージを争う面々がそろそろ顔出しつつも、本気で戦うにはまだちょい早いかもね、なんて微妙な感じ。
過酷なステージはまだまだこれからなのだから。

トム・デュムランも今年は総合争いに!
なんて言われてるので、このステージでその真価が問われる、かも知れない。
どんなもんだろう。

T13_Jesolo_alt

 

ステージは、序盤57kmはひたすら平坦。
テレビに映りたい逃げ集団は、せっせとペダルを回すエリア。
逃げ職人、テクレハイマノは今回も逃げるのか?
毎日ご苦労様です。

57km過ぎからはポルテッラ・フェンミーナモルタの長い登り。
逃げ職人でも有りながらツールで山岳ジャージを着た事も有るテクレハイマノはここまで逃げれるか?
頑張ってください。

折角登ったのにぐあーーって下る。
意外と下りもいけるクチのテクレハイマノはここでもさらに逃げれるか?
気をつけてください。
ダウンヒル賞は無くなった事だし。

ちょい登ってまた下って、そして163kmからステージハイライトのエトナ山5合目のリフージオ・サピエンツァ山頂がフィニッシュ。
181kmのレース。
ちなみにエトナ山頂は

s_CB_etna_eruption_01_jc_151204_4x3_992

s_article-2508808-1977980200000578-857_964x634
こんなことに成ってたので勿論登らない。
エトナ山頂フィニッシュと言うけれど、勿論こんな所まで登ったりはしない。
人生がフィニッシュしてしまうわ。
ゴジラみたいに。

0509etn

一応エトナ山頂までの道は有るけど、流石にこんなパイクスピークみたいな所で自転車レースは出来ない。

Eruzione Etna 27/28 febbraio 2017

28 febbraio 2017=2017年2月28日。
大丈夫なんだろうか?
なんか凄い事に成ってんだけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする