二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

スペアタイヤを装備せよ

   

 

次の連休にツーリングに行く事に成った。
ちょい遠くに自転車ツーリング。

 

今回は結構な人数と成ったので、何時もの四次元エブリィでは無くハイエースで出撃する事に。
自走で行くは余りに遠いので、キャンプ場まで車で行ってそこから自転車で出撃って作戦。

四次元エブリィはその名の通りの四次元ラゲッジで、軽自動車とは思えない積載量を誇るのだが、流石に限界は有る。
当たり前だけどハイエースと比べたら心もとない。
そりゃそうだ、そもそもはモトクロッサーの運搬用の為に買った車。
自転車なら仕入れレベルで積める。
積み放題。

ちなみに私は....
どうしよう。
車で行くか、ハヤブサで行くか。
ハイエースって選択は...ありゃちょっと腰が痛いからスマンかった。

 

 

と言う訳で、このところすっかりモトクロッサーが積まれる事の無かったハイエースを久しぶりに出撃させるので、せめて空気圧くらいチェックしておこうかと。
オイル交換と成れば中々に面倒くさいけれど、空気圧くらいならチェックしてあげてもやぶさかではない。
私は乗らないけど。

空気圧は規定値。
ハイエースと一概に言ってもワゴンも有ればバンも有り、また年式やグレードも違えば使用状況も異なる。
従って、誤解されないように○○KPaとは書かないので、ハイエースにお乗りの方は自分の車の適正な空気圧をお調べ頂きたいなと。
そもそも私の入れてる空気圧が、高いのか低いのか丁度良いのかは自分でも余り良く解ってないのだから。

 

なんて事をブツブツ言いつつ空気圧をチェック。
チェックと言うか、適当にエアを抜いてゲージ付きインフレーターで最充填するだけ。
いちいち計るよりハナから入れなおした方が余程早い。

 

ハイエースにはスペアタイヤが積まれている。
テンパータイヤでは無く他4本と同じホイール&タイヤが積まれている。

タイヤローテーションなんて殆どやった事無いのだけど、この際なのでスペアタイヤに地面を味合わせてやろうかと、リアタイヤに装着した。
長年車の底に忍者みたいにしがみ付いてたタイヤをハブに装着してアスファルトを転がしてやろうかと。
アスファルトを味合わせてやろうかと。

そう思い、私はやたらと重いスペアタイヤを引っ張り出して、ハイエースの右リアハブへと組み付けた。
計らなくても解るくらい、ちょっとヤバい位に空気が抜けてるような気がする、長年車の底にキアヌ・リーブスみたいにしがみ付いてたタイヤ&ホイールを。

 

今回は自転車ツーリング用に使うので、幸いにして空気入れは持っている。
大きな米式にも対応したフロアポンプを1台持ってるので、出先で空気が入ってない事に気づいても一応はどうにか成る。
ただ、ハイエースのタイヤを手動式ポンプでエア充填するのはちょっとしんどい。
エクササイズ気分で有酸素してたらその内にエアは入ると思うけれど、ちょいしんどい事に違いは無い。
ランクルやFJクルーザーのタイヤ程では無いけれど。

 

スペアタイヤなんて使わないに越した事は無いけれど、イザって時に空気が無かったら中々に面倒な事に成ってしまうので、スペアタイヤ或いはテンパータイヤを積んでる方は、いざって時の為にも空気を入れておくのをお忘れなく。
武器は装備しとか無きゃ意味無いのと同じく、タイヤはエアーが入ってなきゃ役に立たないのだから。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - CAR