スポンサーリンク

スタッドレスへの交換は中々面倒くさいなとガタガタと

 

そろそろスタッドレスの準備もしておこうか。
等と思ってるこの頃。

私の住む兵庫県南部では勿論スタッドレスなんて必要は無い。
数年に1回くらい積もる事は有るけれど、まぁ別にどうと言う事も無いし。
雪が積もろうが出かけなきゃ成らない用事も特に無いし。

だが、スキー場へ行くにはやはりスタッドレスタイヤは必要。
流石にノーマルタイヤで真冬の長野やら奥美濃に行くのはあまり賢くは無い。
ってか凄く迷惑掛けそうなので、やっぱスタッドレスは必須だ。

そう、スキー。
実はスキーが趣味なんだ、とは今の段階ではまだちょっと大きな声では言えないレベルだけど、今シーズンはちょっと言ってみようかな、とか思ってる。
シーズン10回位スキーに行ったら、趣味はスキーですよと、ちょっと口尖がらせながら語っても恥ずかしくないかな、って思ってる。
流石に趣味はゴルフですとは、打ちっぱなし練習場に年に2回程しか行かない人間にそんな大それた事は言えないけれど、シーズン10回位スキーに行ったら趣味はスキーですよと言っても大丈夫な気はする。

まぁ自己申告なので、自分の趣味をどう言おうとも、誰にどうこう言われる筋合いは無いんだけど。
趣味はゴルフ(打ちっぱなし練習場に年に2回)ですとも、サイクリング(3本ローラー)ですとも。
政府がガイドラインを設定してる訳でも無いしね。

ちなみに昨年は9回。
目標の10回にはちょっと届かなかった。
届いたからとどうって話でも無いのだけど、スノーマン携帯ストラップしら貰えないんだけど、後1回行きたかったなと思ってた。

今年の予定は10回以上。
昨年は9回と、兵庫県南部に住んでる人間としては結構行ってる方に見えるかと思う。
数年に1回、5cmくらいしか雪が積もらない地域に住んでる人間にしては良く行ってるように思うかもしれない。
が、昨年は9回行ったけど私の人生では10回程しか行ってないので、特に大した話でもなかったりする。

 

と、まぁそんな訳で、そろそろスタッドレスに履き替えようと思ってる。
ただ、アレってまぁまぁ面倒くさい。
どうにもこうにも面倒くさい。
ジャッキで上げて、ウマをかまして、インパクトレンチでナットを抜いてホイール外して、スタッドレスを履いたホイールを入れてナットをインパクトで締めて、ジャッキで上げてウマ抜いてジャッキを抜いて、そして次のホイールにまた同じ事を....

これを4箇所しなきゃ成らないのだから中々面倒臭い。
壊れてないエンジンを分解して部品を眺めて、特に何をするでもなくまた組み立てると言う、オイルとガスケットを無駄遣いするだけの趣味は過去に持ってたが、残念ながらスタッドレスに履き替えるような趣味は持ってない。
ただただ、面倒臭い。
4本も交換なんて甚だ、面倒臭い。

有限会社光洋企業ではお客様のニーズに応えられる様、多種類の車両対応と安全を第一に考えた一貫輸送で、日本全国へ輸送いたします。 こちらでは、当社が所有する輸送車輌をご紹介致します。
こんな車の事を考えたら遥かにマシだけど。

実は今使ってるガレージを契約した際、2柱リフトを入れようかって計画は有ったのだ。
自動車整備工場で車を持ち上げてるリフトを買っちゃおうかと。

値段はピンキリだけど、安いモノなら30万円台で手に入ったりする。
意外と鼻血も出ない程の値段って訳では無い。
モノによるけどね。
搬入から設営まで考えた、まぁまぁな値段に成っちゃうんだけど。

結局、車を入れたらバイクが殆ど入れれなくなるとの、そんなのハナから解ってるだろうって結論に行き着いたので残念ながらリフト導入計画は頓挫したのだが、それでも時に思う。
中古車買った時とか、ポンコツのジムニーを修理する時とか。
そして4本のホイールを交換する時なんかにも。
やっぱリフトが欲しいね。
でもやっぱ邪魔だよねと、引越しして何年も経つのに未だユラユラと気持ちは揺れる。
リフトの上で車が揺れるよりはまだ実害ないだけまだマシだよ。

Multi Spindle Nutrunner Attachment | Jemms

最近のエンジン組み立て工場では上の動画にも有るように、コンロッドのビッグエンドなんかは、ナットランナーと呼ばれるボルト/ナット締め付け機械を使って左右のクランプボルトを同時に締める事が多い。
ビッグエンドの2本のボルト、或いはクランクジャーナルなんかの10本以上も有るボルトを、適正トルクで同時に締める。
一本ずつ締めるより、左右のボルトを同時に締めた方が歪みが少ないんだろうね。
単純に仕事が早いって理由も有るだろうけど。
それを真似して両手でトルクレンチを使って締める人も居る....かも知れない。
やっぱ居ないか。

これは、そんなナットランナー用のアタッチメントを作る会社。
PCDが合わないとこんなの何の役に立たないので汎用品が出る事は無いけれど、ジャストフィットするように作ったら本当に便利そう。

等と思いながらも、そんな無茶な事言っても仕方ないので、まぁインパクトレンチとフロアジャッキ使えるだけまだマシかと、素直に諦めようと思う。
一箇所ずつジャッキアップして、一本ずつズダダダ言わせてナットを緩めるしか手は成さそうだから。
ガタガタ言ってないでズダダダ言わせてナットを緩めるしか手は成さそうだから。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする