インド人を右へ

0220impreza

随分久しぶりにインプレッサに乗った。
形式やら云々言われても良く解らないけど、ともかくインプレッサ。

 

元々サーキット走って遊ぶ為に何人かが共同で買った車。
だが、幾ら自走で幾ら遊び半分のサーキット走行ごっこと言ってもバイクとは桁が違う金額が掛かる為、運用資金が乏しくなり敢え無く売却する運びと成ったのだ。
メインの持ち主の人間が軽四で覆面をぶち抜いて免許停止に成ったってのもその理由の一つ。
...なんて愚かな。

正確にはまだ免許を返しに来いってお達しは来てないので、運転する分には今の段階では問題は無いのだけども、ライフが乏しい現状でこれ以上傷を増やしたら本当にイってしまいかねないので、仕方無いから私が運転したのだ。
私が乗っても保険は下りるって言うし、凄く暇だったし。
だから仕方無いかと運転していったのだ、その、インプレッサを売却する予定の人の元へと。

足を固めてちょっと良いタイヤ履いて4点付けただけのノーマル。
ロールケージも入ってない。
何かと厳しい昨今のサーキットでの音量規制の為、マフラーもノーマルのまま。

通常、まともなメーカーのまともなマフラーなら、陸運での車検は勿論サーキットの規制も走行会での自主規制もクリア出来るのだろうけど、基本自走なので何かと安心の純正が良いかと思う。
マフラー変えた所で別に速く成る訳でも無いし、下手っぴなので目立たない方が何かと良いし。
って言うか金無いし。
と言う訳で。

ただ、ハンドルがえらく重い。
やたら重い。

聞く所によると、インプレッサは元々ハンドルは軽く無いとの話。
でも、そんなに重くは無いと思う。
壊れてるって。
絶対パワステが壊れてるって。
どう考えても壊れてるって。

走り出したらとりあえずは大丈夫。
ただ車庫入れがどうだろう?
狭くて切り替えしの多い所は出来たら勘弁して欲しいと思う。

自分では据え切りはしてないつもりだけど、やっぱり有る程度はやってると思う。
だから、この物凄く重いハンドルで、狭い車庫に入れるのはちょっと億劫。
私が全く据え切りしない人間なら問題無いのだろうけど。
でもやってるよねぇ。
自覚は無いけどやってるだろうなぁ。
多分ね。

『あ、あそこを右ね』

目印はカレー屋。
対向車線に有るカレー屋の横の路地を右折した所が目的地への道。

カレー屋を右折。
インド人を右へ。

あ、別にインド人に売る訳では無い。
単にカレー屋の路地を入った先に住んでるだけだ。
そもそもカレー屋にインド人は居ない。

右へウインカーを出し一旦停止。
そして、対向車線の車が途切れたタイミングで、ハンドルを右に一杯切り曲がろうとした
曲がろうとしたんだけど、もうハンドルが重くて切りきれなくて

くおーぶつかるー

と言う危機一髪な出来事をどうにか乗り越え、目的地へと車を運んだのだけど、やっぱ思ったとおり売れなかったので、せめてパワステを直してから出直しに成りそうだ。
だって壊れてるもの。
やっぱどう考えても壊れてるもの。
そりゃ誰も買わんわ。

問題は、うちのガレージにはエドは居ないので、誰も直せないって事だ。
パワステポンプ交換程度で済めば直せるかなぁ。
それで済めば。

..........
どうしよう。
Aピラーが曲がったジムニーも直せないまま放置してるのに、この上インプレッサまで抱えたら一体どうしたもんかと。

結論。
やっぱり趣味で乗るのはバイクが良いと思う。
車は後始末が本当に大変だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする