二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

実は元世界王者

   

 

尖がったお口が可愛いザビエルさん。
今期はアヴィンティアからMotoGPクラスに参戦するザビエルさん。

s_Xavier_Simeon_2

 

Moto2での成績をコピッペしてみるとこんな感じ。

 

Season Motorcycle Team Race Win Podium Pole ファステスト Pts ランキング
2010 Moriwaki HolidayGym G-22 10 0 0 0 0 10 30th
2011 Tech 3 Tech 3 B 17 0 0 0 0 23 26th
2012 Tech 3 Tech 3 Racing 15 0 0 0 0 23 21st
2013 Kalex Maptaq SAG Team Zelos 17 0 1 1 0 90 12th
2014 Suter Federal Oil Gresini Moto2 18 0 1 0 0 63 14th
2015 Kalex Federal Oil Gresini Moto2 18 1 2 1 0 113 7th
2016 Speed Up QMMF Racing Team 17 0 0 0 1 46 17th
2017 Kalex Tasca Racing Scuderia Moto2 15 0 0 0 0 16 23rd

 

2015年には一勝挙げたものの、8年間のMoto2人生でポディウム合計4回はちょっと手厳しい成績。
ストーナーが居なくて良かった。
何をブツブツ言われる事やら。

その昔にブツブツ言われてたカレル・アブラハム坊ちゃんの成績はどんなもんだったろうと紐解けば、特にここに載せるまでも無く似たような成績だった。
ちなみに坊ちゃんも2010年に1回だけ優勝(GP250)してるんだよ。
ザビエルさんと同じく1回だけ。
まぁ似たような成績だ。

 

最高成績はグリシーニ時代のランキング7位。
その昔にテック3にも居た当時は26位と21位に終わる。
もっとも、Moto2でのテック3はランキング7位を獲得したスミス氏を除いて大体そんなモノなので仕方ないっちゃ仕方ない。
ダニー・ケントもルイ・ロッシもイザーク・ビニャーレスもレニー・ガードナーも大体そんなもの。
実はMoto2でのテック3ではスミス氏だけが特別な存在だったのだ。

 

そんなザビエルさんだが、実はMoto2に参戦する前年=2009年のワールドスーパーストックチャンピオンだった事は実は余り知られて無い事実。
10戦中、1位が5回、2位が5回と強烈な成績でぶっちぎり王者と成ったのだ。
昨年のジョナサン・レイのような圧倒的強さ。
まさに無敵のザビエルさん。

そう、実は凄い実績を持ってんだよ。
あの時のザビエルさんは強かった。
本当に強かった。
どう強かったのかは、私は良く知らないので誰かに聞いて欲しい。
お母さんにでも聞いて欲しい。

 

なおこちらが、2001年から2017年までのワールドスーパーストックの歴代王者。

2001 James Ellison SUZUKI 2011 Davide Giugliano DUCATI
2002 Vittorio Iannuzzo SUZUKI 2012 Sylvain Barrier BMW
2003 Michel Fabrizio SUZUKI 2013 Sylvain Barrier BMW
2004 Lorenzo Alfonsi YAMAHA 2014 Leandro Mercado DUCATI
2005 Didier Van Keymeulen YAMAHA 2015 Lorenzo Savadori Aprilia
2006 Alessandro Polita SUZUKI 2016 Raffaele De Rosa BMW
2007 Niccolò Canepa DUCATI 2017 Michael Ruben Rinaldi DUCATI
2008 Brendan Roberts DUCATI
2009 Xavier Siméon DUCATI
2010 Ayrton Badovini BMW

SBKで良くお馴染みの人、最近名前を聞かない人、ヒロシの250ccタイトル獲得時のパートナーとして何となく覚えてる人、そして何て読むのかさえ解らない人も居るかも知れない。
感想は様々だろうけど、何とも言いがたい微妙感が...なんとなく。
履歴書の資格欄にロハス検定3級とだけ書かれてたような、そんな何と表現すれば良いかと微妙な感じが....なんとなく。

 

最も大成したと言えるのはMichel Fabrizioだろうか。
その後SBK(2009年)のランキング3位にまで登ったのだから、それは凄い成績だと言える。

その2009年の王者は、その後ヤマハファクトリー入りするベン・スピーズ、そしてランキング2位は世界のハガノリ。
それに次ぐ3位がMichel Fabrizio。

なんせ、ビアッジやジョナサン・レイやトム・サイクスやカルロス・チェカやレオン・ハスラム。
さらにユッキーに玉やんに後のBSBレジェンドと成るキヨナリさんまで倒してるのだ。
凄いぞファブリッツオ。

そんなバブルはほんの一瞬で過ぎ去ったのが大変残念なお知らせとご案内に成っちゃうのだけど、それでもそんなバブルがやって来ないライダーが圧倒的なので、一回でもその経験をしたってだけでそれはとても凄いもんだよと私は思う、みんなも思う、そしてお日様は笑ってる。
にっこり。

 

ジュリアーノもシートを失って久しい現在。
De RosaはSSPに移ったし、Mercadoはプライベーターだし....
と言う訳で、サヴァドーリに頑張ってもらおう。
元スーパーストック王者として。

https://twitter.com/lorysava32/status/967667474396102658

えらい事に成ってるけど、早く復活する事を祈りたい。

 

 

殆どザビエルさんと無関係な話書いてた気もするけれども、ともかくザビエルさんは元世界王者で有る事に違いは無いのだ。
元世界王者で有る事をお忘れなきように。
そこの所をよろしくメカドック。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE