二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

スタンド使いの代償

   

 

ふと気づくと先っちょが無かった。

0410std1

最初から無かった気がしないでも無いけれど、でも有ったよなぁって気がしないでも無い。
ってか、覚えてない。

 

唐突に黒マムシみたいな写真載っけて、先っちょ無くなったと言われても何のこっちゃって話しかも知れないが、実はこれはサイドスタンド。
ハードコアな漢方店で買ってきた謎の干物では無い。

0408st1

元はこんなの。
元は、と言うか、↑のはショート加工してるので、厳密には元って訳でも無いのだけど。

 

 

先っちょがどっか行ったセローのサイドスタンド。
私のセローじゃないんだけど、ともかくこのセローの先っちょがどっか行った理由については不明。
最初から無かった気がしないでも無いけれど、でも有ったよなぁって気がしないでも無い。
ってか、覚えてない。
単に普通に使ってたけど錆びて朽ち果てたのか、転倒によるダメージを負ったのか、それとも敵スタンド使いの仕業なのか?
それについては....ゴゴゴゴ....

 

0410std2

えらく綺麗に減ったので、建築用ワッシャーでも溶接したら直ぐに直りそう。

 

 

使ってりゃサイドスタンンドの接地部分はその内減るのだけど、サイドスタンドを支点にバイクの方向転換する人は、単にバイクを支えるだけに使う人に比べて消耗は激しい事は明らかだろう。
普通にバイクを前後に押して切り替えしたり、或いは適切な方向転換用ツールを使ってない人は、この部分が余計に消耗するのも止むを得ない。
サイドスタンドを使ってバイクを取り回す人は、この部分の消耗も止むを得ない。

実は私も長年に渡って方向転換にサイドスタンドを使うタイプ。
サイドスタンドを使い始めたのは、私がスタンド使いに目覚めたのはその昔にまだ免許取る前に遡る。

 

まだ私が中学生だった当時の事。
知り合いの所有する広場(私有地)がモトクロス練習場だった。
自転車で結構な時間が掛かるその場所で日々バイクに乗ってたのだが、私の当時所有してたYZ80も勿論そこに保管させて貰ってたのだ。
家から押して行けないので保管させて貰ってた。
片隅の物置と言うか、掘っ立て小屋と言うのかに。

そんな倉庫とも言えないような小さな物置に何台かのモトクロッサーをギューギューに詰めてたのだが、そこにはモトクロッサーだけではなくVT250だったりFZRだったりXRやDTなんかも仕舞ってた。
良くこんな狭いところにギューギュー詰め出来たもんだと思うくらいにバイクがパンパンに。

ほぼ毎日、って程では無いけれど、かなり頻繁に乗ってた私のYZは、通常は前の方に置いてたので取り出すのに苦労は無かったのだけど、学校のテスト期間やらのちょっと乗らない間に、私のYZはどんどんとそのバイク倉庫の奥の方へと追いやられてしまうのだ。
目当てのバイクを誰かが引っ張り出す際、スライドパズルゲームのように、他のバイクをアッチにコッチにと動かしてるうちにどんどん私のバイクが奥へ行っちゃうって寸法。
奥まで移動してたら、引っ張り出すのに何台ものバイクを移動させるハメに成ってしまう。
日暮れの早い冬場なんて、バイクの移動だけで真っ暗に成ってバイクに乗らずに帰るハメに成ったりしながら。

そんな時に良く使ってたのが、サイドスタンドでユッサユッサしてバイクのリアを動かす方法。
勿論モトクロッサーにはサイドスタンドなんて付いてないからやりようも無いんだけど、サイドスタンドが付いてる街乗り用バイクは大体はスタンドを使ってユッサユッサと動かしてたもんだ。
それに街乗りバイクって大体は重いから押し引きして動かすのって大変だからね。

私がやってるのは、ハンドルを持ってサイドスタンドを支点にリアタイヤをちょっとずつ持ち上げつつちょっとずつ半時計方向へ回すやり方。
バイク屋さんでお馴染みの方法だね。
これなら殆ど力を使わずにバイクのリアを半時計方向に回すことが出来る。
構造上、アメリカンにはちょっと難しいけれど、セローだろうがZ1300だろうが、女子中学生の力でも簡単に取り回せる。
反時計回りにしか回せないけど

同じくバイク屋さんで良く見かける、シートレールを掴んでサイドスタンドでリアを持ち上げ時計回りにグイっと回す方法、は余り使わない。
余り使わないってか、250cc程度ならどうにか上がるけれど400ccに成ったらかなり難しいから。
セロー程度なら180度回転も簡単だけど、流石にリッターバイクじゃまず無理だ。
ハヤブサなんて持ち上がらない。
あんなの私のパワーじゃ片手で上がろう筈もない。

 

私のパワーの問題により片方にしか回せないのが少々便利悪いのだけど、まぁそれでも使うのと使わないとでは取り回しの便利さは随分違う。
女子中学生当時の物置から、バイク屋でバイトしてた時から、アパートでFZ750乗ってた時から、そして今のハヤブサに至るまで、ずっとこの方法を使ってる。
教習所でやって怒られた事は有るけれども。

ただ、あんまりやりすぎたらサイドスタンドが削れてしまうんだろうなって思う。
で、最終的には先っちょが消滅する憂き目に。
幸いにして未だに自分のバイクのスタンドをヒン曲げたり先っちょが消耗した経験は無いんだけど、スタンド使いには時にそれ相応の代償が必要な事も有るんだろうな、と思う。

 

中型・大型バイク・ビッグスクーター用バイクドーリー

新品価格
¥13,120から
(2018/4/10 09:17時点)

今や便利な道具があるので素直にコレ買うのが正解だろうね。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE