二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

需要は有りそうだけどやっぱり無いから結局売ってない

   

 

ハヤブサのマフラーを交換したい。
なんて思いがふつふつと湧き上がる今。
思いは膨らみ続ける。
何故なら...
重いんだ、もうすっごい重いんだよ。

ハヤブサが重いのは当たり前だけど、やっぱどう考えても重い。
21kgも有る純正マフラーは重過ぎる。
車体を安定させるためのバラストなのか?と勘ぐりたく成るほど。
ミニ四駆か?
ともかく、やたらめったら重い。

 

んじゃぁ換えりゃイイじゃん。
チタンの軽いのに換えれば。

と、それはとても簡単な話。
中古で7~8万円、新品なら15~20万円程の出費と成るけれど、マフラー換えりゃ軽く成るのは明白な話。
ボルトとナットを合わせて10本程度の簡単仕事なのだから。

と言う訳には行かないのは、これまた何度も書いてるけどうるさいバイクが嫌いだからだ。
ジャンルを問わず、セローだろうとR1だろうとハヤブサだろうと、ともかくうるさいのは嫌い。
人も街もバイクも何でもともかくうるさいのが嫌い。
出来る事なら月に住みたい位に。

バイクなんて最新のドノーマルでも別に静寂では無いのだけど、ともかくあまり騒々しいのはご免被りたい。
真っ当に暮らしてる、まぁまぁイイ年した人間なので、そんなツッパリ番長みたいなみっともないバイクに乗ってられない。
もう18歳じゃ無いんだから。

だからと、静かなのが良いなら自転車乗っとけと言われても困ってしまうのだけど、まぁ出来るだけ静かなバイクを求めたいんだよ、ってそんな話。

 

 

見た目が良くて、軽くて、耐久性が有って、純正並みに静かなマフラーが欲しい。

これは、昔から一定の声は確実に有るだろうと思う。
ナマズみたいな真っ黒けのマフラーが付いてた時代から。

今のバイクはマフラーの見た目には随分こだわってるので、80年代の真っ黒けのナマズマフラー、そしてその後のナマズマフラーにステンレス板を巻いただけのナマズホイル焼きマフラーなんて今や昔。
アセアンメイドの廉価モデルならともかく、そこそこ以上のモデルならば今時のバイクで純正マフラーが格好悪いなんてそうは無い。
(個人の感想です)

 

で、ハヤブサのマフラー。
前にも書いた事は有るけれど、ハヤブサの純正マフラーはとても格好良い。
スズキにしては非常に美しく作ってる。
スズキもやれば...ってか金掛けたら出来るもんだよ。

最も重要な音は勿論、耐久性も見た目も申し分無い。
耐久性については実感としては今のところ解らないけれど、まぁそうそうヘタれる事も無いとは思う。
蹴っ飛ばしてもきっとビクともしないと思う。

そう、ハヤブサの純正マフラーは最高なんだ。
そのやたらと重い点を除いて。
そのうすら重い点を除いては。

 

見た目が良くて、軽くて、耐久性が有って、純正並みに静かなマフラーが欲しい。

これは、昔から一定の声は確実に有るだろうと思う。
でも、結局こんなの出してもきっと実際の需要なんてそうそう無いんだろう、と思う。
静かなマフラーを出せよとの声は大きくても、実際に売れるかどうかは別の話。
ってか売れないだろうねと、メーカーはきっとそう判断してる。

結局の所、マフラー交換の動機として、大きな音を鳴らして迷惑を振りまく事が、その何割かを占めてる以上、純正並みに静かなマフラーなんて自らパイを放棄するようなモノだから。
唯でさえ販売数なんてたかが知れてる、パイの小さなバイク用のリプレイスマフラーのマーケット。
自ら足かせハメるようなMっ子メーカーはそうそうお目に掛かれない。
仮に有っても、程なくそんなマフラーも、そして場合によっちゃ会社もろとも無くなると思うな。
結局リプレイスマフラーの需要はツッパリ番長向けが王道なのだから。

 

そして製作の面で見ても、現実的には見た目が良くて、軽くて、耐久性が有って、純正並みに静かなマフラーってのはちょっと難しい。

厚い鉄でエキパイ作って、何本かの鉄パイプと隔壁で音を干渉させ、頑丈なケースに入れて...
ってすれば静かで耐久性の高いマフラーは出来るのだけど、結局それって純正マフラーに成っちゃう。
こりゃスマンかった。

オーディオルームだろうとコンプレッサーのケースだろうとビル工事のシートだろうと、遮音には重くするのが一番効果的なので、軽くて静かなマフラーってのはとても難しい。
バッフル入れたりグラスウール入れてどうこう成るって話でも無い。

 

もっとコスト掛けたらある程度は不可能では無いんだろうけど、そこまでコスト掛けて静かで軽いマフラー作ったとしても採算が取れるような需要は見込めないので、結局は作られる事は無いのだろうと思う。
需要は有りそうだけどやっぱり無いから結局売ってないのだろう。

政府認証でスマンかったと受け入れるしかない。
でももうちょっと静かに成ったらなぁ....

中々悩ましい話だ。

 

 

fabrush 柔軟剤 無香料 600ml

新品価格
¥258から
(2018/4/26 09:10時点)

ちなみに我が家では、この柔軟剤を使っている。
そこらで売ってる普通の柔軟剤を使ってたのだけど、ご近所の友人宅のネコちゃんもちょっと気に入ってるっぽいので最近はコレを使っている。

私自身、特に柔軟剤の香りに嫌悪感を抱くタイプでは無いのだけど、無香料柔軟剤って使ってみるとこれが中々にイイ感じ。
尼崎のボラみたいな体臭の人はダウニー増し増しで良い感じ、かも知れないけれど、それほど臭くないわと自認してる私は、ココ最近無香料を使っている。
多分、そんなに臭く無いと思うから。
(本人の感想です)

シャンプーも香って香水までつけて、その上に服まで違う香りがしたら、色んな匂いがマジェマジェされて訳が解らなく成っちゃう。
だから香りが苦手な人も、そして香りにこだわる人も、無香料柔軟剤は悪く無い選択だろうと思う。

ただ、種類も限られ、そしてそこらで売ってない。

ULTRA Downy (ウルトラダウニー) 柔軟剤 フリー&ジェントル 無香料 1.53L (60回分)

新品価格
¥1,260から
(2018/4/26 09:40時点)

このダウニーのフリー&ジェントルの他に幾つか有る程度。
需要は有りそうだけどやっぱり無いから結局売ってないんだろう。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE