ヘルメットも溶けそうな暑さ

 

よくあるご質問

発泡スチロールの耐熱温度はどれくらいですか?

通常70-80度程度とされています。
ただし、条件によってはその限りではないです。
製品の倍率や成形品か加工品かによっても異なります。
その他、製品が製造されてから年数が経過している場合に 経年劣化によって耐熱性が下がっていることもあります。
上記温度はあくまでも参考までとしてください。

発泡スチロールの耐熱温度はどれくらいですか?

 

との事。

今日、ヘルメットをバイクにくっつけてブラブラした後、ホッカホカのヘルメットを被りながらふと思い立った疑問。
こんな炎天下にバイクにヘルメット付けてたら、ヘルメットのライナーって溶けないかなぁって。
顔が暑っついわぁって思いながら。
もうホッカホカですわ、ホッカホカ。

気象庁発表値で38度。
そんな酷暑の日の炎天下。
果たしてバイクに長時間くっ付けたヘルメットは何度まで上がるのかは定かでは無いけれども、流石に70度までは上がらないとは思うので多分大丈夫そう。
少なくとも日本では。

2月のオーストラリアならちょいヤバいかも知れないけれど。

https://jp.reuters.com/video/2017/02/14/パトカーのボンネットで目玉焼き-豪警察官が撮影14日?videoId=371116214

ってか、47度って外を出歩くだけでヤバいか。
あまりの暑さに取り乱したコアラの子供がママのウNコ食ってしまうのも無理は無いね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする