『誰が』と『誰に』が重要だ

何処かの国が攻め込んできたら話し合いをすれば良い。

何処かの国が攻めてきたらやめて下さいと言えば良い。

だから日本に武装なんて必要ない。

と、本当にそんな事を思ってるのか、それとも立場上そう言わなきゃ成らないから言ってるだけなのか、それはともかくそんな事を言う人が居る。
特定の誰かって話では無くて。

実際に実行力を持って、そして国民の生命財産を守る義務を持つ人の発言ならともかく、そうではない単に声の大きな人の意見なのでそりゃ自由な話。
責任は無いけど声はでかい人が何を言おうとそりゃ自由だ。
国の行く末に大きな責任のある人が、怖いから国境警備止めます、なんて言ったら大きな問題に成るけれどね。
でもそうでは無い民間人なら別に何を言おうとも別にどうって事は無い。
そもそもその発言内容がどうであろうと、それをとやかく言う権利は誰も持ち合わせて無いのだから。
勿論私にもそんな権利は無いので、誰かの発言に対してとやかく言う気は無い。

ただ、お話には6W1Hってのが必要と成る訳で。

  • Who:誰が
  • Whom:誰に
  • What:何を
  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Why:何故
  • How:どのように

この全てを使う必要が有る訳では無いけれど、これら要素の幾つかが抜けると話として成り立たない場合が有る。
110番に電話しても『大変だから早く来てくれ!』と言っても、電話の向こうで困ってしまう。
ちゃんと、何処で何が起こってどのように大変なのかを伝える必要が有る。
大変だー大変だー変態だーとギャースカ騒いでも話は一向に進まないのだから。

何処かの国が攻め込んできたら話し合いをすれば良い。

何処かの国が攻めてきたらやめて下さいと言えば良い。

この場合は、Who(誰が)、Whom(誰に)、When(いつ)、Where(どこで)を明確にする必要が有る。
漠然と話し合えよと言っても、少なくとも誰が誰と何時何処で話し合えと言ってるのかを明確にする必要は有るだろう。
そこらのおじさん同士がそこらの居酒屋で話し合っても何の解決にも成らないのだから。

ただ、これが中々難しい。
別に詳しい戦略を知ってる訳では無いけれど、通常は巡航ミサイルが直接攻撃の第一段階だろうと思う。
何処かの国が攻めて来たら、って状態は大体コレ。

で、そのミサイルがバンバン飛んでくる最中に、一体誰と誰が何処で話し合いするのかってのが大きな問題と成る。
平安~鎌倉時代みたいに、対峙した軍勢の代表が名乗り出てから合戦スタート、って様式ならその場で話し合いも成立したかも知れないけれど、最前線を飛び交う巡航ミサイル相手に話し合いは中々難しい。
メトロン星人相手でも話し合いに成らないのだから、飛んでくる巡航ミサイルに向かってちょっと落ち着けよと言ってもどうにも成らない。
それが弾道ミサイルならなお更の事。

話し合うのは現実的には国のトップ同士が第三国で、って流れに成るんだろうけど、こうっちが非武装ならそれまでの間は撃たれ放題でオッケーですかって話に成ってしまう。
その話し合いで解決するまでの間はサンドバッグ状態でもオッケーすかって話。
同じクラスの隣の席の人と話する訳じゃ有るまいし、そうそう直ぐに他所の国のトップ同士が話し合いましょうってのは難しいのだから。

  • Who:誰が
  • Whom:誰に
  • What:何を
  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Why:何故
  • How:どのように

上記したように、何の責任も無い人なら何を主張するのかも自由だけども、最低限これらを明確にしよう。
話はそれからだ。

でも、攻め込んで来てる最中は、みんな忙しそうなので話し合いしてる暇は無さそうな気はする。
だから攻めて来る前の段階で話し合いする事をお勧めしたいな。
だがそれでは、決裂して攻めて来たら....って話へと繋がらざるを得ないので受け入れがたいロジックなのだろうけども。

と、そんな話とは何も関係無いんだけど、久しぶりにセローで国道を走ってると

『前のバイク、左に寄って止まりなさい』

的な声が後ろを走るバイクのスピーカーから聞こえてきてちょっと....否、すっごく驚いた。
結構本気で。

ハッ!っとして右ミラーを見ると、小さく映る赤色灯。
嗚呼....
と思い、左ミラーを見ると400ccネイキッドの姿。
あら、ロックオンは君だったのか。

あーびっくりした。
あーびっくりしたわ。
ホントにびっくりしたわ。

赤色灯をグリグリ回した白いバイクに路肩へと誘導される400ccネイキッドをセローのバックミラーに映しながら、口から心臓が飛び出そうな私はそそくさとその場を立ち去るのだった。
くわばらくわばら。
なんまんだぶなんまんだぶ。

そして思った。
前のバイク、ってだけじゃ解り難いのでもうちょっと解りやすく言ってくれないかな。
特に今回のようにバイクが複数台走ってる時は『誰』ってのをもうちょい明確にしてくれないかなと。
ちょっと思った。
ってか、すっごいバクバクした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする