もはや笑う以外に成す術は無い

 

 

ABUS(アブス) バイク用ディスクロック イエロー エレメント290 (295 Element yellow)

新品価格
¥5,220から
(2018/8/2 20:49時点)

この手のディスクロックを使ってる人は多いと思う。
私も長年このタイプのディスクロックを使っている。
メインキーにはちょっと心もとないけれど、有ると無いとじゃ随分違う。
少なくとも一発で切れるバーロックに比べりゃ随分マシ。
持ち上げられたらどうにも成らないので、メインキーにはちょっと心もとないけれど。

 

 

ディスクロックにせよ南京錠にせよ、この手のロックには2つのパターンが有る。
一つはロックを解除した状態でキーが抜けるタイプ。
もう一つが、ロックを解除した状態ではキーが抜けないタイプ。

使い勝手は前者が上回る。
いちいちキーを挿さなくてもロックできるものね。

だがこれは、キーが手元に無くてもロックが出来る反面、キーが手元に無いのにロックしてしまう恐れも有る。
メリットはそのままデメリットにも成りえる。
私は1度、この手のクリプトナイトのロックをキー持ってないのにワイヤーケーブル+南京錠を自転車にカチャリとロックしてしまって歩いてキーを取りに帰ると言う苦い思い出を作った事が有るので、それ以来出先でロックする際は確実に解除キーを持ってる事を確認するようにしている。
出先でカチリなんてやったら大変だからね。
湿った笑いしか出ない程に悲惨だから。

でも、キーが無いのにカチリとやったら大変のは出先だけじゃ無い。
自分の家で有ってもこれが大変なのだ。
キーが無いのにカチリとやっちゃったら。

と言う訳で、旦那さんが持って出てる一本しか無いキーの無いディスクロックを、よりによってハヤブサにカチリとやっちゃった私は、もう笑うしか残された手は無かったのだった。
なんでキーの無いディスクロックをロックしちゃったんだい?
なんて後の祭り。
ああ、そんなの今更。

もはや笑うしか術は無い。
我が家のタイトなバイク置き場じゃハヤブサを退けない限りセローも出せない、そんな悲惨な現実を前にもう笑うしか。
ディスクロックしたハヤブサなんて1cmも動かせない、そんな悲惨な現実の前には。

鍵掛かった自転車ならどうにか成るけれど、流石に鍵掛かったハヤブサはちょっと無理。
バイクリフターが無い我が家では、ハヤブサを手で持ち上げて運び出すなんて無理。
アラレちゃんでも呼んでくれって気分。
アラレちゃんは来なくても、鍵持ってる旦那さんは早く帰ってきて下さいな気分。
なんてポカ。
なんてうっかり。
なんと言うポカリン。

もはやフゥーハハハハハ!と笑うしか術は無い。
ポカリンは、白衣を翻しながら無理矢理高笑いするしか成す術はなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする