チェコGP 決勝

いやぁ....疲れた。
MotoGP見てて疲れるのって本当に久しぶり。
ヤッパリドカンと広いコースって面白い。

それにしてもリンスはやっぱり恐ろしい子だね。
ウォームアップを休んでたから本当にまだ肩が悪いんだろうけど、気付いたらそこにリンスパターンはやっぱり恐ろしい。
グリッド無関係に気付いたら何時の間にか上がって来るんだから本当に恐ろしい。
あれで予選が速かったら言う事無いんだけど。

レースを制したのはご存知のようにブラッド・ビンダー。
KTM初優勝、自身は勿論初優勝、そしてルーキー・ライダーの優勝はマルク・マルケス以来。
ザルコもクワルタラロも成しえなかった栄誉。
一方ポルは....

CZECH REPUBLIC MOTOGP – RACE RESULTS
POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF
1 Brad Binder RSA Red Bull KTM (RC16)* 41m 38.764s
2 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +5.266s
3 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) +6.470s
4 Alex Rins SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +6.609s
5 Valentino Rossi ITA Monster Yamaha (YZR-M1) +7.517s
6 Miguel Oliveira POR Red Bull KTM Tech3 (RC16) +7.969s
7 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) +11.827s
8 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) +12.862s
9 Jack Miller AUS Pramac Ducati (GP20) +15.013s
10 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) +15.087s

1位ビンダー、2位モルビデリ、3位ザルコ。
きっともう二度と見れないような取り合わせ。
これが大雨なんかのイレギュラーな要素が有れば有り得るかも知れないけれど、ドライコンディションでこの表彰台の光景を予想した人はきっと居ないと思う。
居たら予言者かタイムトラベラーのどっちかだ。

これにより、ビンダーは5位、ザルコも6位と大幅アップ。
ヘレス2連勝を挙げたポイントリーダーのクアルタラロは小休止。
ただ、次のレッドブル2連戦はヤマハには試練と成るかも。

序盤を盛り上げたエスパルお兄ちゃんは10位フィニッシュ。
昨年フィリップアイランドのイアンノーネ以来のアプリリアの活躍だったが、残念ながらジリジリと後退してどうにか10位。
でも、来期は他のチームはマシン開発が凍結されるが、アプリリアは免除されるので、一気に追いつけるチャンスかも知れない。
来期がちょっと楽しみだ。

そんな来期のKTMファクトリー入りが楽しみなオリベイラも6位と上々の成績。
来期はルーキーのビンダーとコンビを組むが、ポルが抜けて大丈夫かと思われた布陣だが、意外と大丈夫そう。

さて次はレッブブルリンク2連戦。
ドゥカティ有利との下馬評だが、さてさて。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする