ロレンソハイサイド 続報

 

 

gg754821

‘No fractures’ for Lorenzo after Buriram highside
Jorge Lorenzo has 'strong bruising' on his wrist and ankle, but fortunately 'no fractures' after suffering a monster highside during Free Practice 2 on Friday.A...

 

 

No fractures=骨折してないよ
との事。

ひとまず最悪の事態は免れたみたい。
明日は走れるかどうかはまだ解らないけれども。
でも、まぁきっと走ると思う。
ロレンソはきっと走る。

原因は技術的な問題だそうで。
問題と言うか、丁度ブレーキングのタイミングでエンジンが止まってリアがロックしたとか。
良く見りゃ倒し始めた瞬間からタイヤがロックしてたのが解る。
小さい画面で動画見てたから普通にハイサイドしたのかと思ってたらどうやら全然違う。

電子制御の不具合でハイサイドが思ったのかと思ったら、そんなレベルでは無くどうしようも無いアクシデントだったみたい。
問題ってレベルじゃ無い。
超大問題。

1200px-Buriram_circuit_map.svg

起こったのはここの3コーナーのブレーキングからバンクさせるその瞬間。
新幹線より速いスピードで超絶フルブレーキングを入れてやるコーナー。
ジスシズティルケサーキットの中でも、より濃密にジスシズティルケを主張してるコーナー。

流石にここでリアがロックしたらどうしようもない。
クラッチ切れとか、そんな無茶言われても困ってしまう。
まぁミッションに原因が有ったらクラッチ切った所でどうにも成らないし。

ご存知のように、前回の転倒のダメージからまだ回復してる訳では無いロレンソ。
今回は無理しないって選択を取っても別に不思議ではない。
随分前の鎖骨の時とは状況が違う物ね。

とか言いながらもやっぱりロレンソは走ってくれると思う。
ロレンソならきっと。

確定情報はもうちょっと後で発表される。
と思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする