スポンサーリンク

気持ち良ければそれで良い

 

その昔にスターウォーズでC3POがオイル風呂に入るってシーンが有った。
金色のアレがオイルのお風呂に入って恍惚するってシーンが。
いや、マニアックなビデオでは無くてスターウォーズの話だ。
随分昔の話なので記憶は曖昧だけどそんなシーンが有った事は鮮明に覚えている。
ルーク様のエッチ!なんて台詞が有ったかどうかまでは覚えて無いけれど。

最近は一切無いけれど、2ストのモトクロッサーやトレールやレプリカを触る機会が多かった時期が有った。
私のYZ125やTZRやCRM250、或いはRGVΓを含めて、KXやらRMを触る機会も。
今やYZ250を除いて2ストを間近で見る事すら無いけれども。

調子が良いにも関わらず用事も無いのに分解してる時は良いのだけど、そうでは無く調子が悪くて分解すると、大体はエンジン内部がヤバい事に成ってる。
構造上、2ストの排気デバイスはその宿命から避けようが無く、有る時はお好み焼きソースみたいなのが溜まってたり、有る時は石炭のように成ったりとか。
調子悪い2ストの排気デバイスは大体はヤバい事に成ってる。
ホンダは余り苦労した記憶は無いのだけど、カワサキは苦労した記憶しか無かったりする。
KIPSはなぁ....ん、まぁYPVSはともかくKIPSはもう触る事は無いだろうけど、アレは苦労した記憶しかないな。

そんな時に良く思ったもんだ。
C3POにおけるオイル風呂のような、エンジン丸ごとをオイルに漬けてクランク回して掃除するようなシステムは無いものかと。
そんな事で固着したKIPSが直るとも思えないけれど、スラッジでデロデロでグダグダに成ったエンジンを触る度にそんな事を思ったりしたもんだ。

 

スキーに行ってきた。
寒い季節にわざわざ寒い所に行くなんて馬鹿じゃないの?
なんて思ってた時期も私にも有ったのだけど、昨シーズンから唐突に始めたスキーに先日行って来た。
もっと早くに始めてたらと今更に思う。

今回は何時に増してちょっと調子に乗ったが為に、現在体中から悲鳴を上げてる真っ最中だったりする。
言葉に成らない悲鳴を上げている。
そらもう全身のあっちこっちから。
海から引き上げたバイクのリアリンケージみたいにそらもうギッシギシに。
ん、まぁ海からバイクを引き上げた事は無いのでアレなんだけど。

星野総帥のごとくギッシギシしてる今。
C3POよりもぎこちない動きしてる今。
もうギッシギシですわ。

ある人は言う。
筋肉痛はストレッチが良いと。

ある人は言う。
筋肉痛は安静にしてるのが良いと。

そしてある人は言う。
筋肉痛は冷やすのが良いと。

そしてまた有る人はこう言う。
筋肉痛は風呂で温めるのが良いんだよと。

結局どうするのが正解なのかは私には解らないのだが、まぁともかく寒いから冷やすのはナシの方向で話を進めようかと思い、ずっと風呂に入ってるのだ。
急性は冷やして慢性は温めるのが筋だろってのはそりゃごもっともだけど、寒いので風呂に入ってる。
そらもうずっと。
ふやけるんじゃ無いのってレベルで、水ボトルを持ち込んで風呂にずっと風呂に入ってる。
ワニか水牛かしずかちゃんかってレベルで。

きっと筋肉痛だからと風呂に入りすぎるのは良く無いんだろうな、とは思いつつも。
マクロスシリーズが何時の間にかプライムビデオで見れなく成ってた事に小さな絶望感を味わいながらも。
ずっと風呂に入ってる。
良いのか、悪いのか、やっぱ最悪なのかは解らない。

ロキソニン入浴剤なんて気の利いたモノが有れば良いのだけど、残念ながらそんなのは無い。
ああ残念だ。
猫語翻訳機ニャンデスカーと共に開発が待ち遠しい限りだね。

と言う訳で、それが良いのか悪いのかは知らないけど、気持ちいいからまぁイイんじゃ無いっすかねって感じで再び私は風呂に入るのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする